アレクサンダー・テクニーク レッスン 思考と心 練習 身体の仕組み

ひ弱な子供と力んだ大人の共通点

Pocket

「もっと鳴らしたい」という共通の望みを持った、一見したところ正反対な二人の生徒さんがいました。

有吉尚子です。こんにちは!

一人は見た感じ身体がゆるゆるでほとんどパワーを使ってないような小学生の女の子。

20161215_230117

彼女のレッスンでは「もっと全力でたくさん吹き込んでみましょう!」と伝えます。

それに対して真逆なもう一人は気合い充分で頑張りすぎて無駄に身体を固めがちな大人男性プレーヤー。

ƒOƒbƒh

彼のレッスンでは「もっと軽い力でも吹けますよ」と、必要なことだけをするようアドバイスしました。

極端な例ですが、この二つのケースで共通するレッスン内容があるんです。

それってなんだと思いますか?

地面に対してどんな角度で立つとか親指の先端から何ミリのところで楽器を支えるとか、そういうことでないのは明らかですね。

この二つのケースの共通点は、行いたい動作に対して適切な力がどれくらいか正確に把握できていない、ということです。

ゆるゆる小学生が今よりも大きく鳴らしたければもっと吹き込みやらに力をたくさん使う必要があるし、

力んだ大人は共鳴を止めてしまう無駄な力みをやめることで今より大きく鳴ってくるということがあります。

それぞれがもっと鳴らしたいという望みの為には

「今日この瞬間この楽器で好きな音量にする為にはどれ位のパワーが必要かな?」

と考えながら構えて吹いてみる、というのが有効なアイデアの一つです。

その結果、一人はより多く力を使う方向へ、反対にもう一人はより少ない力を使う方向へ行きますよね。

全く違うことをしていても原因は同じ、なんてことも結構ありがちなんです。

それに対しての改善結果は全く逆になりますが、この全く反対のことをしている二人への対処法は共通する部分もあるというのがまた興味深いところですね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド