楽器練習効率化ガイドブック

「もっと鳴らしたい」
という共通の望みを持った、
一見したところ正反対な二人の
生徒さんがいました。

有吉尚子です。こんばんは!

一人は見た感じ身体がゆるゆるで
ほとんどパワーを使ってないような
小学生の女の子。

20161215_230117

彼女のレッスンでは
「もっと全力でたくさん
 吹き込んでみましょう!」
と伝えます。

それに対して真逆なもう一人は
気合い充分で頑張りすぎて
無駄に身体を固めがちな
大人男性プレーヤー。

ƒOƒbƒh

彼のレッスンでは
「もっと軽い力でも吹けますよ」
と、必要なことだけをするよう
アドバイスしました。

極端な例ですが、
この二つのケースで共通する
レッスン内容があるんです。

それってなんだと思いますか?

地面に対してどんな角度で立つとか
親指の先端から何ミリの
ところで楽器を支えるとか、
そういうことでない
のは明らかですね。

この二つのケースの共通点は、
行いたい動作に対して
適切な力がどれくらいか
正確に把握できていない、
ということです。

ゆるゆる小学生が今よりも
大きく鳴らしたければ
もっと吹き込みやらに
力をたくさん使う必要があるし、

力んだ大人は共鳴を止めてしまう
無駄な力みをやめることで
今より大きく鳴ってくる
ということがあります。

それぞれがもっと鳴らしたい
という望みの為には

「今日この瞬間この楽器で
 好きな音量にする為には
 どれ位のパワーが必要かな?」

と考えながら構えて吹いてみる、
というのが有効なアイデアの
一つです。

その結果、
一人はより多く力を使う方向へ、
反対にもう一人は
より少ない力を使う方向へ
行きますよね。

全く違うことをしていても
原因は同じ、なんてことも
結構ありがちなんです。

それに対しての改善結果は
全く逆になりますが、
この全く反対のことをしている
二人への対処法は共通する部分
もあるというのが
また興味深いところですね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。