アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

上手く行ったときを再現するには

新しことを試したらできました!
やったー!
後でもう一回やってみよう!

そして数日後にやったときには
なぜか出来ない・・・。

「おかしいな。
この前は出来たのになあ。」

そんなとき、
どうやって出来たときのことを
もう一度やろうとしていますか?

有吉尚子です。こんにちは!

あのできた時にはお腹に力が入って
腕がこんな角度になってて、
姿勢はちょっとこっちに傾いて・・

そんな風に再現しようとしては
いませんか?

あの時なぜ出来たのかというと、
上手く身体が楽器をコントロール
できるように動いたからですね。

上手く出来たというのは結果です。

そしてその時の身体の状態も
「結果」なんです。

なにをどうしようと思ったのか、
その意図が身体を適切に働くように
動かしたんですよね。

再現するならその時の状態ではなく
その意図をもう一度思ってみるのが
とても有効なんですよ。

そして身体の状態や気分だけ再現
しようとしても上手くいかないのは
「上手くいくためにこれをする」
と思ったときの意図は
「あの状態を再現しよう」
という意図ではないから。

だから練習するときには
どんなことを意図したら
どんな結果になったのか
ちゃんと知っておくのは
大切なんですね。

ぜひ試してみてくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド