アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

わかってるのにやめられない

Pocket

できればやめたい悪いクセを強化するとわかっているのにどうにもやめられない習慣的な練習方法ってありますか?

吹ける見込みがないテンポで吹く、音が細いことが気になってるのにアンブシュアを締め付ける、発音がモサつくのに重いリードを使う、などなど。

他にもやり過ぎたためにどこかを痛めた練習をケガが治らないのにやり続けるなんてこともあるかもしれませんね。

その良くないとわかってる方法をわざわざ選んでやってしまうのは一体なぜなのでしょうか。

もしかしたら過去のどこかの段階でその練習がとても役に立ったという記憶があるからではありませんか?

だとしたらその練習法はその人の段階と状況によっては正しい有益な練習だと言えます。

とはいえいつも何にでも有益な練習なんてものはやっぱりないので、自分がステップアップしてやりたいことも必要なことも変わった今は逆効果になったりやり過ぎてトラブルを生んだりする良くない練習法になってしまったのかもしれません。

長く続けていて役に立っていた何かを手放すのは勇気がいるし、愛着もあるのでやめるのに抵抗を感じるのは自然なことです。

それでも過去のやり方を無検証にやり続けて焦げ付かせるよりは思い切ってやめてしまう方がいい結果に繋がる場合も少なくないんですね。

本当はやめた方がいいとわかっててそれでも続けている方法、あなたにはありませんか?

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド