アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

わかってるのにやめられない

できればやめたい悪いクセを
強化するとわかっているのに
どうにもやめられない習慣的な
練習方法ってありますか?

有吉尚子です。こんにちは!

吹ける見込みがないテンポで吹く、
音が細いことが気になってるのに
アンブシュアを締め付ける、
発音がモサつくのに
重いリードを使う、
などなど。

他にも
やり過ぎたためにどこかを痛めた
練習をケガが治らないのに
やり続けるなんてことも
あるかもしれませんね。

その良くないとわかってる方法を
わざわざ選んでやってしまうのは
一体なぜなのでしょうか。

もしかしたら過去のどこかの段階で
その練習がとても役に立った
という記憶があるからでは
ありませんか?

だとしたらその練習法は
その人の段階と状況によっては
正しい有益な練習だと言えます。

とはいえいつも何にでも有益な練習
なんてものはやっぱりないので、
自分がステップアップして
やりたいことも必要なことも
変わった今は逆効果になったり
やり過ぎてトラブルを生んだりする
良くない練習法になってしまったの
かもしれません。

長く続けていて役に立っていた
何かを手放すのは勇気がいるし、
愛着もあるのでやめるのに
抵抗を感じるのは自然なことです。

それでも過去のやり方を無検証に
やり続けて焦げ付かせるよりは
思い切ってやめてしまう方が
いい結果に繋がる場合も
少なくないんですね。

本当はやめた方がいいとわかってて
それでも続けている方法、
あなたにはありませんか?

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド