楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

この頃体力維持とダイエットのため
走るのを習慣にしています。

だいたい5〜6キロなので
全然大した距離ではないのですが、
最初は果てしなく長くキツい
感じがして大変でした。

でも慣れると別段どうということも
なくなるんですよね。

そうなるとモヤモヤと
こんな考えが出てきます。

「こんなに楽でいいのだろうか。
 もっとキツく感じなければ
 運動効果はないんじゃないかな?
 もっと苦しさを味わいたい」

変ですか?(笑)

でもこれ、管楽器を吹いてる人に
よく起きてることだと思います。

マウスピースやリードや楽器に、
または新しい奏法に慣れるまでは
すごく重くて大変ですが、
慣れてくると抵抗を感じなくなって
「もっと重くした方がいいかな?」
「こんな楽じゃダメじゃない?」
なんて考え始めるんですね。

吹き込みや唇を合わせる動きや
噛む力などは
どれくらい働いているのか
目に見えて計れるわけじゃないので
つい感覚を頼りにして、
その感覚を感じにくくなると
上手くいってるのかどうか
不安になるんです。

慣れたら感じなくなるのが
自然なものである感覚を
どんどん追いかけていったら、
どんどんキツい奏法や仕掛けに
なっていくばかりですよね。

エスカレートしていけば
怪我やトラブルに繋がって
しまうことが多いので、
感覚を頼りにして奏法を作ったり
維持したりするのは危険なんです。

楽に感じるのは慣れたからだし
必要な筋力が付いたから。

何もしていないから楽なわけじゃ
ないんですね。

やってないから楽なのと
やり慣れたから楽なのは別のこと。

混同しないように
気をつけたいところですね!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。