コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル

現役中学生もやってるダメ出し指導

Pocket

学校吹奏楽などで先輩から後輩にされる指導でよくあるのが音程やリズムがずれているという指摘。

これ、お互い学生同士だと素直に聞いていることがほとんどだと思いますが、じゃあどうしたらいいかまではわからないままなのですよね。

はっきり言って音程やリズムはわかりやすい要素ですから、「ズレてる」と指摘するだけなら簡単で誰でもできます。

自分だって指導の専門家ではない学生さんの後輩指導がついついそうなってしまうのは仕方ない。

でも大人で音楽や演奏の指導を専門として仕事にしてる人がそれでは困ります。

なぜズレが起きているのか、改善するためにできることは何か、そういうことを含めて提案するのがアドバイスですね。

起きていることには必ず原因と結果があるものなので「今は偶然でたまたま上手く行かなかっただけからもう一回」なんていうのはプロの指導ではありえません。

「気持ちをひとつにしてもう一度」なんていうのも実際の動きとして何をどう変えたらいいかがさっぱりわからないのでダメ。

ちゃんとした指導者はなぜズレたかわかっていてそれに対する的確なアイデアを提案できるものなんですね。

そのためにトレーニングを受けたり現場でたくさんの経験を積んだりしてきているわけです。

ただのダメ出しなら誰でもできる。

楽器を手にして2年目でしかない中学生だってやっています。

だたのダメ出しではなく、その先に進む手段を提示するのが先生やトレーナーに求められている役割なのですよね。

趣味でやっていてたまに中高生に教える機会があるって人も単なる学生の延長にならないために頭の片隅に置いておきたいこと
ですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル

© 2021 聴く耳育成メソッド