楽器練習効率化ガイドブック

学校吹奏楽などで先輩から
後輩にされる指導でよくあるのが
音程やリズムがずれている
という指摘。

これ、お互い学生同士だと
素直に聞いていることがほとんど
だと思いますが、
じゃあどうしたらいいかまでは
わからないままなんですよね。

有吉尚子です。こんにちは!

はっきり言って音程やリズムは
わかりやすい要素ですから、
「ズレてる」
指摘するだけなら簡単
誰でもできます。

自分だって指導の専門家ではない
学生さんの後輩指導がついつい
そうなってしまうのは仕方ない。

でも大人で音楽や演奏の指導を
専門として仕事にしてる人が
それでは困ります。

なぜズレが起きているのか、
改善するためにできることは何か、
そういうことを含めて提案するのが
アドバイスですね。

起きていることには必ず
原因と結果があるものなので
「今は偶然でたまたま上手く
行かなかっただけからもう一回」
なんていうのはプロの指導では
ありえません。

「気持ちをひとつにしてもう一度」
なんていうのも実際の動きとして
何をどう変えたらいいかが
さっぱりわからないのでダメ。

ちゃんとした指導者は
なぜズレたかわかっていて
それに対する的確なアイデアを
提案できるものなんですね。

そのためにトレーニングを受けたり
現場でたくさんの経験を積んだり
してきているわけです。

ただのダメ出しなら誰でもできる。

楽器を手にして2年目でしかない
中学生だってやっています。

だたのダメ出しではなく、
その先に進む手段を提示するのが
先生やトレーナーに求められている
役割なんですよね。

趣味でやっていてたまに中高生に
教える機会があるって人も
単なる学生の延長にならないために
頭の片隅に置いておきたいこと
ですね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。
この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。