コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル 練習

たった2音でハーモニー練習

Pocket

ハーモニーの練習って合奏の中だとコラールをやったり基礎合奏で三和音を積み上げたり、なんてことが多いですが体系化されたトレーニンングってあまり見かけませんね。

それにオーケストラだとそんな練習はほとんどする機会がないかもしれません。

有吉尚子です。こんにちは!

今回はハーモニー感覚をより精密にしていくための実践的な練習をご紹介します。

まず吹奏楽の練習でよく見かけるチューナーで何セント上げ下げするというやり方はやめましょう。

合わせたいのはチューナーではなく一緒に鳴っている音ですね。

それが日によってまたタイミングによってほんの少し明るかったり暗かったりすることもある中でチューナーで慣れては融通がきかずピッタリ合わせられなくなるので練習の時も耳を使って実際に聴こえる音と合わせてみましょう。

これは大人数で音を出せば自分の音と合わせたい相手の音を聴き取るのに努力が必要なので初めは二人組みくらいのシンプルなアンサンブルにしてやるのが効率的です。

まず二人組みになったらAさんとBさんを決めます。

Aさんが一つの音を伸ばし続けて、Bさんがそれをよく聴いて自分でも音を出してみます。

最初はわかりやすい同度のユニゾンから。

2016-10-30_00-24-32

 

ぴったり合わせるだけでなく上げ下げしてずれたときにどんな響きになるのかも体験してみましょう。

そうするとアンサンブルの中でも合った時とそうでないときにどんな風に聴こえ方が違うのか経験としてストックされていくし、微細な上げ下げのコントロールもやってみることができます。

それができたらオクターブ違いのユニゾンでやってみましょう。

楽譜に書いてあるのはほんの一例なので色んな音でオクターブを合わせてみます。

それもできたら完全音程、その後さらに発展させて長短音程、という風に一度にたくさんやらず少しづつでもいいので確実にそれぞれが納得できるスピードでやっていくのが大切です。

2016-10-30_00-25-18
慣れてきたら同じ音、同じ音程でAさんが少しだけ明るくしたり逆に暗くしたりしたものにBさんが音程を寄せていく、なんて練習は耳が鍛えられますね。

自分で合ってるかどうかまだよく判断できない方にレッスンしてこれを行う場合は、ロングトーンしているところに先生が色んなアプローチで合わせたりずらしたりしてそれを聴きながらその感覚を体験してもらうのも一つです。

ぜひ色んな応用をして活用してみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド