ソルフェージュ 練習

録音しながら練習するとき

録音機で自分の演奏を振り返る時、
どんな風に聴いていますか?

有吉尚子です。こんにちは!

録音機の場合は音量が大きくなると
何だかザワザワした雑音が
入ったりしますよね。

それに自分の音も機械によって
高音を拾いやすかったら
普段よりキンキンした音になるし、
低音ばかり拾いやすい設定に
なっていたらモコモコと
くぐもった音に感じられます。

こういうのは生で聴くのとは違う
機械で録ったとき独特のことです。

音色がどうなっているか気になって
録音してみても
それはあんまり役に立たなくて、
やっぱり頼りになるのはちゃんと
訓練された人間の耳なんですね。

録音だけを頼りに音作りをして
自分の手持ちの録音機の特性が
どうなってるかによって
音色が左右されてしまうのは
ちょっとおかしなことですよね。

結局実際に演奏するときは
人間の耳で聴くかもしくは
普段の録音機とは違い機械で
録音されることになるんですから。

録音機を使ってやりたいこと、
出来ることと出来ないことを
知っておくのは
役に立つかもしれませんね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-ソルフェージュ, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド