コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル 練習

ハーモニーを合わせる秘訣

Pocket

有吉尚子です。こんにちは。

今回は音程・ハーモニーのお話です。

音楽をやる上で考えない訳にいかない要素のひとつですね。

ハーモニーを作るときに長3和音なら第3音を少しだけ低めに、なんていうことは
よく言われます。

こういう音程の微妙な操作はなぜ必要なのでしょうか。

5118_mdu1njgynzljnji1m

もちろん純正律で調和させるためということなのですが、自分の出した音が調和しているかどうかはどうやって知りますか?

本番中、チューナーで測る、なんてわけはありませんよね。

わたしたちは自分の耳で周りの音と比較して調和しているのか、外れて浮いてしまっているのかを知ります。

そのために不可欠なもの、それはアンサンブルする相手。

無伴奏のソロだとしても自分が数秒前に出した音との関連で次をどうするか決めていきます。

音楽の本質はコミュニケーションだと思います。

相手が少しだけ高めの音程で来たら自分だけチューナーで正確な音程を出したら不協和な和音になります。

そんなとき、何を基準に合わせたらいいでしょうか。

楽器の特性やそのときの体調など色々な要素がありますが、基本的には「お互いに寄り合う」というのが大切です。

5118_zgflngy0mdbly2y1m

アンサンブルはどちらが正しいとかどうとかということではありません。

耳をよく使って相手の出方をうかがいあって、動かしやすい方が動かしたり譲り合ったりしながら寄り添い合うのです。

どちらか片方が相手の反応を全く気にしていなかったら、コミュニケーションは成立しませんからね。

相手がどう来たのかを聴き取るための耳の繊細さとそれに反応する技術というコミュニケーション能力を高めるのがソルフェージュです。

チューナーを目で見て合わせた音程は耳ではろくに聴いていないから何度やっても同じところが合わない、なんてことが起きてしまいます。

ハーモニーを作るとき、ぜひチューナーは使わず耳で合わせるという練習をしていきましょう。

最初はもちろん注意して聴いてもわからないということもあるでしょう。

そこで安易にチューナーに頼ったら台無しです。

根気よく繰り返す内にだんだんと聞き取れる情報が増えて、繊細で正確な音程コントロールができるようになっていくものです。

チューナーは自分の音がどういう傾向になりがちなのか、どのくらいコントロールしたらどこまで変えられるか、そういうことを知るためのツールとして使うようにしましょう。

せっかくの生身の相手とアンサンブルできる機会があるならそれを活かしながら耳を育てて行きたいですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド