コミュニケーション 思考と心

「出来ない」ってほんとに思ってる?

Pocket

「わたしの音は良い音じゃないよ」

「どうせ才能ないから」

「プロになりたいわけじゃないし」

そんな風に思ってるとしたら、それは本当にあなたの考えではないかもしれませんよ。

「スター奏者にはなれないもの」

「良い音はこれ、あなたのは違う」

「アマチュアには難しいよね」

そんな誰かがどこかでもらしたなにげない言葉を本気にしているのかもしれません。

だってなんにも比較対象がなくて誰にもなんにも言われなければ自分の音が良いかどうか、演奏が良いかどうかなんて判断できるわけないんですから。

何にも比較するものがなければただ一音出ただけで楽しくて「自分すごい!」「これ楽しい!」ってなりませんか?

きっと楽器に初めて触れた時は誰しもそうだったはず。

ではどうして自分は大したことないなんて思ってしまったのでしょう。

今までの人生を振り返ってみて「あなたには出来るよ!」という言葉と「私たちにはムリだよね」という言葉、一体どちらをよりたくさん聞いて来ましたか?

普段の仕事や楽団仲間との会話ではどちらの言葉が多いですか?

たくさん耳にしている言葉は無意識の思考に刷り込まれていてまるで自分が最初からそう思ってたような気がしちゃうかもしれません。

でも。

生まれたばかりの赤ちゃんが自分について「どうせわたしはこの程度」なんて思うでしょうか。

そんなバカな話はありませんよね。

いつかどこかで誰かに聞かされたネガティヴな言葉を真に受けて信じてるから「どうせ」と思うのではないでしょうか。

はたしてスティーブ・ジョブズは「俺なんかどうせこの程度」と思っていたでしょうか。

逆に自分に対して「できる」「大丈夫」と常日頃から言い続けてる人は他人に何と言われようと関係なく「自分はできるもの」と信じていたりします。

そういう人はできないことがあればなんとかして解決策を見つけるし、見つからなければ自分で解決法を作り出してしまったりします。

他人から聞いたことを鵜呑みにして萎縮してしまうのと自分で自分の評価を選ぶのと、一体どちらが人生を快適により良く生きられるんでしょう。

ネット上でもリアルでも日常にはネガティヴワードがたくさん溢れてますよね。

そしてそれを真に受けるかどうか、それを自分の評価にするかどうかはあなた次第なのですよ。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, 思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド