アナリーゼ 音楽理論

見せかけの跳躍は飾りです

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、今回はp.123の
調性判断のヒントの例外を
見ていきましょう。

有吉尚子です。こんにちは!

これは旋律の骨格の音なのか
ただの飾りの音なのかを判断する
部分です。

旋律の骨格が見られるようになると
細かい枝葉末節に惑わされずに
ストーリーがどうなっているのか
作品を俯瞰して大きな視点から
見ることが出来るようになるので
歌い方や音楽の運びを考える時に
とっても役立つんですよ!

では最初から見ていきましょう。

まず1)の例外、譜例36です。

Fis-A-Gという進み方をしている
この部分は一小節まとめて見ると
本当はGの付点二分音符で
伸ばしただけで良いはずの旋律。

それがオシャレのために
G-Fis-Gと半音下の音をすくって
刺繍音を入れているんですね。

そしてただのG-Fis-Gでは物足りず
更にオシャレがしたくなり、
FisからGに上がる前に逸音のような
ターンのような形でもうひと飾り
AをかすめてからGに戻っています。

そもそも半音上行する音は
シャープやナチュラルで臨時に
高くなることはあるっていう
ルールでしたよね。

Gに向かいたいFがシャープしたら
それは音階にある音ではなく
飾りの音の可能性があるわけで、
その後にさらなる飾りが入っても
そのルールは変わりません。

これ、旋律の骨格の動きとしては
全然跳躍してないわけです。

しかも
5・7小節目の跳躍したFの音で
FisではなくFが音階にある音だ
という証拠が見られます。

4小節目のDis-F-Eも同じこと。

次に譜例37については、
和声長音階の6番目の音が
音階にある音として
取り扱われている例ですね。

フラット系の調ならAsより先に
BやEsが出て来るはずです。

それが出てこなくてAsだけが
単独で出てきて跳躍しまくってる
ということは、
和声長音階を疑うといいパターン
ってことですね。

もしも短調の導音でBやEsが
ナチュラルになっているとすると
考えられるのはc-mollかf-moll
の2つですが、
BもEsもどちらもナチュラルになる
と言うのはありえません。

ということで和声長音階の他に
選択肢はないんですね。

このあたりは文字だけの解説では
なかなか伝わりにくいかも
しれませんね。

もしもっと詳しく説明を聞きたい!
という場合はベーシック楽典講座で
お待ちしています。

講座のスケジュールと詳細は
こちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼
https://open-eared.com/basic/

メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド