楽器練習効率化ガイドブック

まだ不慣れな曲でも
本番でどれくらいのテンポで
やりたいかを知るためや
全体の流れを把握するために
ちょっと無理してインテンポで
やってみるようなことって
ときたまありますよね。

有吉尚子です。こんにちは!

そういうときは細部がちゃんと
出来ていなくても
とにかくテンポから遅れないよう
多少はしょりながら吹くことも
あるでしょう。

そういうのは目的が細部を詰める
ということではなく、
インテンポだとこんな感じ
というのを知るためですよね。

そんなときは
「ちょっと待ってここの音が
まだ入ってないから止まって」
なんてやっていたら
さっぱり意味が無いわけです。

間違おうがつまずこうが
止まらず進むのが必要なときも
ありますね。

そして日々の練習で毎回
このインテンポの感覚を掴むこと
ばかりやっていても
細かいところは整いませんね。

だから細かいところを見るときは
テンポを落としてゆっくりから、
慌てたり混乱せずに音符が読めて
どんな盛り上がり落ち着きの
ニュアンスにするかなんてことも
一音ごとに考えられる状態で
練習するわけですよね。

ゆっくりやる練習と
テンポを上げた練習の目的は
それぞれ違ってるのが普通なので
これを混同してしまうと
わけのわからない音出しになって
練習効率も落ちてしまいます。

いちいち考えるのは
面倒くさいかもしれませんが、
この練習は何のためにやるのか
ということを自分でわかっていると
やたらとフレーズを繰り返すだけの
無駄な時間を過ごさなくて
良くなるので、
忙しい大人プレーヤーには
おすすめしたいことですね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。