アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション 思考と心

演奏後の「良かった」は社交辞令でしょうか

Pocket

コンサート後にお客さんから「良かったよ」「楽しかったよ」という声を貰ったことはありますか?

一度もない!という方はきっといないでしょう。

ではそれをどういう意味だと思いましたか?

よくわかんないからとりあえず褒めておこうということかな?

下手くそと思ったけど気を使ってくれてるのかな?

社交辞令の挨拶でしょ。

せっかくの感想をそんな風に受け止めてはいなかったでしょうか。

お客さんとして聴きに来てくれて感想までくれるってことは少なくとも好意的に聴いてくれたってことですよね。

「良かった」の中からどうにかこうにか否定的なものを嗅ぎ取ろうと心のなかでほじくり返しては自分も面白くありませんし、せっかく良かったと言ってくれる相手に対しても失礼ですね。

ためしに一度「良かった」はそのままの意味で良かったんだな、と受け止めてみたらどんな気持ちになりますか?

心が柔らかくあたたかくなりませんか?

呼吸が軽やかになりませんか?

その柔らかさやあたたかみは、次に演奏をするための心の栄養になるんです。

自分がやったことに対して喜んでくれた人がいるというのは励みになりますもんね。

その栄養を丸めてゴミ箱に投げ捨てるのが「良かった」の裏を読もうとすることです。

どうせなら受け取ればいいのにもったいないですね。

言われた通りに受け取ってみる、一度やってみる価値はあると思いますよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, 思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド