コミュニケーション ソルフェージュ 思考と心 本番

下手な演奏だな、と思った時

Pocket

コンサートを聴きに出かけたとき、どんなところに注目して聴いていますか?

有吉尚子です。こんにちは!

好きな演奏家のコンサートなどだけでなくもしかしたら趣味の方の発表会など技術的に未完成な演奏を聴く機会も少なくないかもしれません。

そんなとき、音程やリズムの歪みなどに意識を持っていかれて音楽そのものを聴けなくなってしまうのは残念なことですね。

わたしたちがコンサートにいくとき音程が合ってるかリズムが正確か、そんなことを時間と手間とお金をかけて知りたいわけではもちろんありません。

ワクワクしたりなるほどと思ったり何か刺激が欲しくて行くのではないでしょうか。

演奏を聴いて奏者がその作品のどこがどんな風に魅力だと感じているのかが伝わってくるのは技術的に完成しているからではありません。

逆に技術的な問題が特になにも見当たらなくても作品の魅力や奏者の意図が伝わらないと面白くない演奏だなと感じることもあったりしますよね。

実際わたしは以前教えていた音楽教室の発表会で大人の生徒さんが弾いたピアノで忘れられない演奏があります。

大人になってからピアノを始めてまだ2〜3年だそうでミスタッチやリズムのちょっとあやしくなる瞬間もたくさんあるんですが、つっかえそうになっても萎縮してこじんまりな表現になったりせず、ものすごく楽しそうに情熱的に最後まで堂々と弾ききっていらっしゃったんですね。

この曲のこういうところが好きなんだというのがというのがはっきり聴こえる素晴らしい演奏で本当に感動しました。

後でその方に素晴らしかったと伝えたところ、自分の演奏を誰がどう思ったかなんてことは意に介さない様子でその曲のどんなところが好きでこれが弾きたくてピアノを始めて、なんて夢中でお話されてました。

なるほど、と思ったものです。

誰かに頑張ってる姿を見せるとか正確に間違えず弾くとか、そんなことより優先したいことがはっきりわかっているためにお仕事をしながらピアノを始めてまだ数年なのに基礎的なことも驚きの早さで身についていくのですね。

そしてニュアンスや表情ではなく音程やリズムなどの大雑把な情報しか受け取れない耳ではこの方の素晴らしい演奏は「へたくそ」に聴こえているでしょう。

わたしたちは音程やリズムや音色やそういう一見わかりやすいけれど本質ではないことにとらわれて音楽そのものから離れるために勉強したりレッスンを受けたりするのではなく、見た楽譜からまた聴いた演奏から受け取れる情報を増やしてより深くより楽しく音楽に向き合うことが出来るようになるためにレッスンを受けたり情報を得たりしたいのではないでしょうか。

もちろん表面的なトラブルがあればそちらに気を取られてしまい音楽や表現したいことまで目を向けてもらえないことも少なくありませんから初歩的なトラブルや歪みは無いにこしたことはありません。

とはいえ自分が演奏するときも誰かの演奏を聴くときも批判や審査をするためでないなら何のために音楽に触れるのかを忘れないでおきたいものですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, 思考と心, 本番

© 2021 聴く耳育成メソッド