楽器練習効率化ガイドブック

「こんな風にしか演奏しないなら
あのひとには音楽をやる
資格なんてないよね!」

そんな愚痴を聞いたことは
ありますか?

有吉尚子です。こんにちは!

音楽をやる資格ってなんでしょう。

たとえば音大生の授業やプロ奏者の
仕事としてなら、
オーディションで合格することや
一定のクオリティで合奏に臨むのは
最低限必要な条件になるでしょう。

ではアマチュア楽団のメンバーなら
どうでしょうか。

団費をちゃんと払っていて
はじめに決められた規約に違反など
しなければ団員としての資格は
あることになりますよね。

好きで趣味としてやっているなら
音楽をやる資格があるかないか
なんて他人にとやかく言われる
筋合いはありません。

もしちゃんと全員が練習してくる
出席率も問題ない状況で
音楽をしたいなら、
そういうことを入団の条件に
掲げている団体に入るか
プロとして活動すれば良いんです。

自分はそこまでじゃないし・・
なんて思いますか?

それなら他人が音楽をやる
資格についてなんて
口出しする権利のないことを
とやかく言っちゃいけませんね。

今ある状況にいることを
選んでるのは自分自身。

その中で本当は何を求めて
いるんでしょうか。

目の前の仲間と何をするのが
あなたの望むことなんでしょう。

メンバーそれぞれの得意なことや
苦手なことを知っているからこそ
やったら楽しそうな曲を
お客さんの反応や収益を考えず
自由に提案できたり、
苦手と感じる作品を避けたり、
呼びたいトレーナーを自分たちで
選んで学ぶことができたり、
練習時間をたっぷり取って
丁寧にアンサンブルを作ったり、
というのができるのは
アマチュア楽団ならではの
強味なのではありませんか?

何のために今の状況を選んだのか
何となく流されてではなく
改めて考えてみるのは
わざわざ自分でストレスを作る
考え方をしてイライラするよりも
ずっと建設的だと思いますよ。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。