楽器練習効率化ガイドブック

練習していて気乗りがするときと
あまり気乗りしないときで
演奏の質が全く変わってしまう
なんてことはないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

わたしは学生のときはよく
そういうことがあって
「気分によってムラがありすぎる」
なんて先生に呆れられた
覚えがあります。

なぜそんなことが起きたかというと
どこがどんな風に盛り上がるか
また落ち着くかわかってなくて、
自分の旋律パートを見るだけで
その時その場の気分任せで
歌い回していたからです。

これはその時々で新たに作品と
向かい合うような演奏とは逆で、
楽譜からのここはこんな風に
という情報を全く受け取って
いなかったんですね。

たまたまそのときの気分が
作品の求める表情や表現と
近かったら良い演奏が出来て、
そうじゃなかったらダメになる、
そんなのはお風呂で歌う
気分次第の鼻歌みたいなもの
練習でも演奏でもありません。

自分で思い返してしょうもない
学生だったなと感じます。

こんな風にやったら作品が
どんな見え方をするかな?とか
今日は昨日とは違う解釈が
出てきたから試してみよう、
というのは作品に向き合った
試行錯誤だと言えると思います。

そういう風に楽譜からの情報を
受け取るためにはどこが落ち着いて
どこが盛り上がるかなどの理論を
知ってることが必要なんですね。

自分の気分しか裏付けのない
鼻歌みたいな歌いまわしを
自信を持ってステージで披露する
なんて難しいのは当たり前。

わたしの学生のときの師匠は
「ここはそうやって歌いたいの?」
と何度何度も尋ねてくれました。

ここはこうやりたいというのが
はっきりするくらい楽譜を
ちゃんと読んでいるのか、
ということだったんだなと
今になって思い出します。

これを読んでいるあなたは
自信を持ってここはこうやりたい
と言える演奏をしていますか?

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。