アナリーゼ コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 思考と心 本番 練習 音楽理論

ここはこう演奏したいと言えますか?

Pocket

練習していて気乗りがするときとあまり気乗りしないときで演奏の質が全く変わってしまうなんてことはないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

わたしは学生のときはよくそういうことがあって「気分によってムラがありすぎる」なんて先生に呆れられた覚えがあります。

なぜそんなことが起きたかというとどこがどんな風に盛り上がるかまた落ち着くかわかってなくて、自分の旋律パートを見るだけでその時その場の気分任せで歌い回していたからです。

これはその時々で新たに作品と向かい合うような演奏とは逆で、楽譜からのここはこんな風にという情報を全く受け取っていなかったんですね。

たまたまそのときの気分が作品の求める表情や表現と近かったら良い演奏が出来て、そうじゃなかったらダメになる、そんなのはお風呂で歌う気分次第の鼻歌みたいなもので練習でも演奏でもありません。

自分で思い返してしょうもない学生だったなと感じます。

こんな風にやったら作品がどんな見え方をするかな?とか今日は昨日とは違う解釈が出てきたから試してみよう、というのは作品に向き合った試行錯誤だと言えると思います。

そういう風に楽譜からの情報を受け取るためにはどこが落ち着いてどこが盛り上がるかなどの理論を知ってることが必要なんですね。

自分の気分しか裏付けのない鼻歌みたいな歌いまわしを自信を持ってステージで披露するなんて難しいのは当たり前。

わたしの学生のときの師匠は「ここはそうやって歌いたいの?」と何度何度も尋ねてくれました。

ここはこうやりたいというのがはっきりするくらい楽譜をちゃんと読んでいるのか、ということだったんだなと今になって思い出します。

これを読んでいるあなたは自信を持ってここはこうやりたいと言える演奏をしていますか?

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 思考と心, 本番, 練習, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド