ソルフェージュ 思考と心 練習

鼻歌でハーモニーを取る練習

Pocket

頭の中でハーモニーを鳴らすことはできますか?

それができたら良いなと思いませんか?

どうやったら出来るようになれるか知りたくはありませんか?

 

ということで今回はさらにレベルアップしてハーモニーを頭の中でイメージするための練習をご紹介します。

まず何も基準を聴かないでドーと声で出してみましょう。

これを繰り返すうちに音域による響きや音の太さの違いなどわかってきますから丁寧に。

声で出したらピアノかアプリかで合ってるかズレてるか、ズレたならどれくらいどっちに寄っていたのかをチェックします。

次にもう一度ドーを歌いながら、今度は頭のなかで「ミー」と思い浮かべてみましょう。

声のドと頭の中のミ、組み合わされるとどんな響きに感じられるでしょうか。

明るいか暗いか柔らかいか固いか、想像できたらピアノかアプリで実際にドとミを同時に鳴らしてみましょう。

思ってた響きと似ていましたか?

違っていたとしたらどんな風に違っていましたか?

頭の整理と耳の精度を上げるためぜひ言葉にしてみましょう。

それが出来たらもう一度2つの音の響きをイメージしながら声でド、心でミを歌ってみます。

出来たら今度はひっくり返してミを声でドを心で歌ってみます。

同じように響きをイメージしながらやってみてくださいね。

これが出来たらドとファ、ドとソ、ドとラ、ドとシ、最後にオクターブ違いのドとドもやってみましょう。

ひとつの音を出しながら次の音程や吹奏感を思い浮かべる練習は初見力もアップするし、ソルフェージュ力が上がって音程や音質のコントロールも良くなっていくのでオススメです。

一日では出来ないと思うので時間をかけてじっくり慣れていってくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-ソルフェージュ, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド