楽器練習効率化ガイドブック

楽団の中で一生懸命やりたい派が
のんびりやりたい派に腹を立てる
というのはありがちな構図です。

一生懸命やりたい派の人は
自分の音楽への向き合い方と同じく
のんびり派の人にもたくさん練習を
してきてほしいし、
もっと合奏にも出席して
一緒に盛り上がりたいんですよね。

そして反対にのんびり派の人は
自分にとって音楽より大切なことが
一生懸命やりたい派には理解されず
迫害されてるような気分に
なってしまいがち。

これって一生懸命やりたい姿勢が
他にも大切なことがある
という姿勢より優れている
なんて考えてしまうことで
衝突の原因になるのでは
ないでしょうか。

どちらが優れてる劣っている
ということじゃなく
ただ人生で大切にしたいことが
違うというだけのことなのに、
自分の価値観を主張することで
争いやいがみ合いを生むなんて
誰も得をしない無駄なことですね。

そしてそんないがみ合いが時には
「プロはそんな風じゃないから
自分たちも同じように
真剣でなきゃいけない」
というお説教に発展したり。

もちろん趣味としてやることと
仕事としてやることへの
取り組み方の違いは
誰にでもあるでしょう。

そしてプロの音楽への向き合い方は
最優先の仕事に対するやり方です。

それをアマチュア楽団のメンバーの
標準姿勢として目指すとしたら、
ちょっとおかしな話ですね。

「えらい先生はこう言ってた」
「上手なあの人はこうやってる」

そういうのをそのまま趣味仲間との
音楽活動に当てはめるのは
少し乱暴かもしれません。

誰もが快適に楽しみながら
音楽をできる状況を作るために
どんなことができるのか考えるのは
「もっと練習して!」
「もっと出席して!」
という自分の主張を何とかして
押し通そうとするより建設的かも
しれませんね。

せっかく出会って一緒に音楽を
やることになったご縁を
大切にしたいものですね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。