楽器練習効率化ガイドブック

わたしは初心者だから
ゆっくりで音数の少ない曲や
比較的簡単そうに見えるパートを
選びたいです。

そんな場面って経験しましたか?

有吉尚子です。こんにちは!

学校吹奏楽で音楽を始めた場合
そんなことを言ってもいられず
いきなりややこしいフレーズを
吹かなければならなかった
なんてこともあるかも
しれませんね。

ゆっくり丁寧に練習することは
大切だけれども、
どうにもこうにもやるしかない
という状況に放り込まれると
短期間で上達するということも
あるあるなんですよね。

これは安心していられる場所から
一歩抜け出したチャレンジをする
習慣があるかどうかだと思います。

もちろん最初は丁寧に基礎を
積み上げて行く作業をした方が
後々できることがたくさんだったり
応用範囲が広かったりしますが、
「自分はまだ初心者だから」
「今は他のことが忙しいし」
ということで新しいチャレンジを
しなければいつまでも現状維持に
なってしまうのは自然なこと。

チャレンジをした人は
どんどん新しい世界を知って、
出来るようになりたいことの
ビジョンも明確になっていって
上手くなっていくんですね。

そしてチャレンジをすることと
基礎を疎かにすることは
イコールではないんです。

例えば昨日より一目盛りだけ
速いテンポで吹いてみる、
ソロの人がお休みしたら
そのパートを補って代奏してみる、
そんな風に
ちゃんと土台を積み上げつつ
破綻するような無謀なチャレンジ
ではなくもう一歩進むのは
可能であり必要なことなんですね。

ちゃんと決まった手順は
いつもやっているけどなかなか
上手くなった手応えがない、
そんな場合はただのルーティンに
陥ってチャレンジのないことを
繰り返していないか振り返って
みるのも良いかもしれませんね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。