思考と心 練習

ゆっくり練習だけでは上達しない

Pocket

わたしは初心者だからゆっくりで音数の少ない曲や比較的簡単そうに見えるパートを選びたいです。

そんな場面って経験しましたか?

有吉尚子です。こんにちは!

学校吹奏楽で音楽を始めた場合そんなことを言ってもいられずいきなりややこしいフレーズを吹かなければならなかったなんてこともあるかもしれませんね。

ゆっくり丁寧に練習することは大切だけれども、どうにもこうにもやるしかないという状況に放り込まれると短期間で上達するということもあるあるなんですよね。

これは安心していられる場所から一歩抜け出したチャレンジをする習慣があるかどうかだと思います。

もちろん最初は丁寧に基礎を積み上げて行く作業をした方が後々できることがたくさんだったり応用範囲が広かったりしますが、「自分はまだ初心者だから」「今は他のことが忙しいし」ということで新しいチャレンジをしなければいつまでも現状維持になってしまうのは自然なこと。

チャレンジをした人はどんどん新しい世界を知って、出来るようになりたいことのビジョンも明確になっていって上手くなっていくんですね。

そしてチャレンジをすることと基礎を疎かにすることはイコールではないんです。

例えば昨日より一目盛りだけ速いテンポで吹いてみる、ソロの人がお休みしたらそのパートを補って代奏してみる、そんな風にちゃんと土台を積み上げつつ破綻するような無謀なチャレンジではなくもう一歩進むのは可能であり必要なことなんですね。

ちゃんと決まった手順はいつもやっているけどなかなか上手くなった手応えがない、そんな場合はただのルーティンに陥ってチャレンジのないことを繰り返していないか振り返ってみるのも良いかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド