レッスン 思考と心

充分な知識・スキルってどれくらい?

Pocket

学生でなくなると学びの機会ってなかなか手に入らないものですが、音楽に限らず日々何かしらインプットをしていますか?

個人的なことかもしれませんがわたしはインプットが無くなるとアウトプットの質が低下するな、とすごく感じます。

有吉尚子です。こんにちは!

自分がレッスンを受けたら新しい伝え方を発見するし、

コンサートを聴いたらこんな表現もあるのかと驚くし、

コンサルを受けたらこんな視点でみると問題がクリアになるのかと気付くし、

講座や本からも改めて学ぶことがたくさんあります。

自分の発想だけで何とかなる!もう充分わかったし大丈夫!

そんな風に思ったときには自分に足りないものが自分では見えていない状態なので提供する情報やレッスンの質が低下している気がするんです。

以前できてたことだから今も変わらずできているはず、すでにたくさん学んできたし伝えるためにはもう充分!それはそうかもしれません。

でも自分は変わらなくても世の中は変わっています。

必要とされるものも最新の情報も更新されているので自分がインプットしないままだとどんどん取り残されていくんです。

すでに持っているものだけでどれだけの時代の変化に対応できるでしょうか。

楽器やソルフェージュのレッスンもコンサートを聴きに出かけるのもビジネスのコンサルティングも色んな講座に参加したりするのも本を読むのも、自分から動かないと得られない大切なインプット作業なんですね。

そんなことを常々感じています。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-レッスン, 思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド