アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

ついやり過ぎる原因と対処法

無駄な力をかけてからそれを辞める
脱力を目指すやり方は
とっても無駄が多いと思います。

でもそれではどうしてついつい
必要以上の力を使いたくなって
しまうのでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

それは音を出すのに
どれくらいの力が必要か
わかってないから発音ミスや
コントロールのし損ないを防ぐ
安全策のために息や指でやたらと
たくさんの力を使ってしまう
というのがあるのかもしれません。

とっさに音を出さなきゃならない
なんて場合多少力みがあって
吹き心地が苦しくても、
音が出損なってカスっとなるよりは
マシですもんね。

よくわかります。

そしてその必要以上の圧力をかける
吹き方を習慣にしたくなければ
どれくらいの圧力なら音がちゃんと
鳴るのか運指が上手くいくのか
知っているのが役に立ちます。

その適切な圧力がどれくらいかは
普段の基礎練習や
ウォーミングアップのときに
知っていくのが効率的です。

とにかく大きい音!
発音をはっきり!
音をまっすぐ!

そんなことだけでなく
最低限必要な力はどれくらいなのか
調べる作業も基礎練のパターンに
組み込んで日によってや
部屋の響きによっての変化を
観察していくと、
だんだんコントロールの精度が
上がっていくんですね。

合奏のときに不安だからって
つい無駄に力を使いすぎるなら、
その不安の原因は一人で静かに
音を出せるチャンスに解決するのは
ぜひやっておきたい大切な練習
のひとつですね。

参考にしてみてくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド