アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション レッスン 練習

ウォーミングアップはずっと同じパターンですか?

Pocket

楽器を出して最初にするウォーミングアップってどんなことをしてますか?

または日々どんなことを目的にしてますか?

有吉尚子です。こんにちは!

・楽器を温める

・寝起きの頭をしっかり目覚めさせる

・今日のコンディションを確認する

・楽器演奏ができるように身体が動くようにする

などなど。

色々あるでしょうが、日常的にやってると目的を忘れがちでもありますね。

もしかして、ただなんとなく習慣だからみんながやってるからという理由で目的が曖昧なままロングトーンをしたりはしていませんか?

ロングトーンにはブレスコントロールの練習や音色作りなどの意味があるでしょうが、目的を明確にしていないと効果はありません。

日々忙しい中でせっかく時間を確保して練習するのに無意味に音を長く伸ばすだけなんていう時間があるのはもったいない!

何のためだかよくわからないけど習慣だからという理由で意味のない練習に時間を使うのは忙しい社会人にはオススメではないやり方ですね。

まっすぐ伸ばすということができるようになったら次は音量を変化させたり、発音を工夫してみたりなどせっかくならウオーミングアップもだんだんステップアップさせてしまいましょう!

ちょっとの時間しかないならウォーミングアップも決まったルーティンにせずその時々でクリアしたい課題と結びつけて効率的に練習するようにしたいものですね。

子供や初めての方に教える機会のある方は、ある程度で最初に提案したウォーミングアップや基礎練を見直す機会を作るのも必要なことかもしれませんね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, レッスン, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド