アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション レッスン 練習

ウォーミングアップはずっと同じパターンですか?

楽器を出して最初にする
ウォーミングアップって
どんなことをしてますか?

または日々どんなことを
目的にしてますか?

有吉尚子です。こんにちは!

・楽器を温める

・寝起きの頭をしっかり
目覚めさせる

・今日のコンディションを確認する

・楽器演奏ができるように
身体が動くようにする

などなど。

色々あるでしょうが、
日常的にやってると目的を
忘れがちでもありますね。

もしかして、
ただなんとなく習慣だから
みんながやってるからという理由で
目的が曖昧なままロングトーンを
したりは
していませんか?

ロングトーンには
ブレスコントロールの練習や
音色作りなどの意味が
あるでしょうが、
目的を明確にしていないと
効果はありません。

日々忙しい中でせっかく
時間を確保して練習するのに
無意味に音を長く伸ばすだけ
なんていう時間があるのは
もったいない!

何のためだかよくわからないけど
習慣だからという理由で
意味のない練習に時間を使うのは
忙しい社会人にはオススメでは
ないやり方ですね。

まっすぐ伸ばすということが
できるようになったら
次は音量を変化させたり、
発音を工夫してみたりなど
せっかくならウオーミングアップも
だんだんステップアップ
させてしまいましょう!

ちょっとの時間しかないなら
ウォーミングアップも決まった
ルーティンにせずその時々で
クリアしたい課題と結びつけて
効率的に練習するように
したいものですね。

子供や初めての方に教える機会の
ある方は、ある程度で最初に
提案したウォーミングアップや
基礎練を見直す機会を作るのも
必要なことかもしれませんね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, レッスン, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド