アレクサンダー・テクニーク 思考と心 身体の仕組み

やりたいことと実際やってること

Pocket

ちょっとの違和感や些細な引っかかり、日々そういうものに目を向けない習慣でいると、それが続けたときにトラブルに繋がる心や身体の負担であることのサインを見逃すことになるんです。

有吉尚子です。こんにちは!

そうはいっても、音楽に限った話なら最悪演奏ができなくなる程度で済みますが
(人によってそれは大問題ですが)心身に怪我を負ってしまったら音楽どころではなく人生そのものに影響してしまうこともありますね。

極端な例を挙げるなら挨拶するのをサボるのがクセになり話しかけてもらえる人が減ったり、

無茶を押し付けてくる人を我慢して耐え続けたあげく出会う誰のことも信用できなくなってしまったり、

身体の痛みによって日常動作で出来ないことが出て生活が不自由になってしまったり、

そんなことは大事故や大事件からだけでなく小さなトラブルに目をつむり続ける習慣から生まれてくることも多いです。

「一瞬我慢すればそれでいい」そんな考えで問題を放置するのは実はかえって問題を大きくすることなんですよね。

自分にとっての小さな違和感にNOを言うことは我儘ではなく、将来の自分自身を大切にすることに繋がるのではないでしょうか。

本当は疲れてるのにお酒を飲む、大事な趣味の時間を後回しにする、そんな一見どうということのない自分への負担は今は大したことのないように見えたとしても後で取り返せない大きな後悔になるかもしれませんよ。

音楽だけでなく、あなたは毎瞬本当に選びたいものを選んでいますか?

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド