アナリーゼ アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ 練習 身体の仕組み 音楽理論

努力だけじゃ裏切られます!

Pocket

1時間しかないお仕事の昼休みにカラオケまで行ってたった15分だけでも音出しをしたり、

家族のご飯を用意してから練習に出かけたり、

子供が寝てるスキを見計らって譜読みをしたり、

本当は疲れてて早く眠りたいけれど一日の終わりに指練習だけでもと頑張ったり、

音楽をやるために日々たくさんのことを無理を承知で調整しているのではありませんか?

ではそれでも上手くいかないパッセージがあるのは、まだ努力が足りないからなのでしょうか。

いえいえ、努力が足りないなんてとんでもない!

あなたはもうすでに充分頑張っていますよね。

出来ることで思いつくことはやり尽くしているはず。

それでも今以上に上手くなりたい音楽を掘り下げたいという情熱があるのってすごいと思うのです。

そんな大変な日常に埋もれてしまわずに演奏を続けるガッツのある音楽好きな方は、もっと頑張るよりもむしろよりラクをして手抜きして、それで上手くいく方法を探す方が健康的だし建設的なのかもしれませんね。

苦しんだらその分だけ上手くなるならまだしも、音楽ってそういうものじゃないのが悲しいところ。

努力は裏切らないなんてウソ。

的確じゃない練習はあなたを裏切るのです。

いくら苦労したからってどんなに頑張ったからって、結果に結びつかなくては絶望的な気持ちになりませんか?

「あんなに頑張ったのに上手くいかなかった」

ではせっかくのやる気もどこかへ消えちゃいますよね。

もう「アレもコレもとにかく頑張ってやる!」なんていう体育会系は無理ですからやめましょうよ。

せっかくならもっとやった努力が結果に直結するようにしませんか?

今よりずっと楽に必要なことをこなせる手順があるなら知らないでいる手はない!

本当に自分に合った練習方法は自分で見つけてしまいましょう!

そうしたら「こんなに大変なのに上手くいかない」「ラクしてこんなに上手くなっちゃうの?!」に変わりますよ。

そのために必要なのが、

自分に合った奏法を探すことや、

音符を追いかけるだけでないストーリーを読み解く譜読みの方法を知ること、

響きを正確にモニタリングする耳の使い方を身につけること、

などなど基礎スキルなのです。

基礎スキルがなければ

やみくもに「良い」とされることを片っ端からやる!

とにかく繰り返す!

それくらいしか出来ることがありません。

だって自分に何が合ってて何が合っていないのか、本当に思ったように演奏するために何が必要なのかを知らないのですから。

そんなのはもったいない!

せっかくやりくりした貴重な時間、ただ当てずっぽうな練習にあてるのではなく、もっと有効に使いたいですよね。

努力したことをあなたの本当にやりたい演奏に繋げるために、その繋げ方や練習の組み立て方を学んでしまうのは後々の助けになるはずですよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, 練習, 身体の仕組み, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド