楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

多重録音の出来るスマホのアプリを
知っていますか?

あるアプリを先日知ったので
使ってみました。

クラリネットのスタンダードな名曲
であるウェーバー作曲の
コンチェルティーノを試しに
やってみました。
https://youtu.be/6186Zdb88cg

なんだか普段と違うなと思いつつ
アップしてみたところ、
それをみたとある作曲家さんが
4分半くらいの作品をやってみて、
というお話がありました。

楽譜を見せていただいたところ
色んな表情があってテンポも
変わったりゆらいだりする
3重奏の素敵な曲なんですね。

それで、
いざやってみるんですがそんなに
激しく複雑なわけではないのに
なんだかとても難しい!

なぜ?自分のテンポやリズムが
変なのかな?と思いつつ
とりあえず進めてみました。

進めて行くうちに感じたのは
パートの役割りが変わったときに
その場で交代出来ないってことと、
生のアンサンブルだと
お互いの呼吸とかアインザッツで
ゆらぐ場面でも合うものですが、
これは最初に入れたパートが
他のパートに合わせることが
できないということ。

普通ならリーダーのパートが
1stから2ndに変わったりしても
その時々で主張したりまたは
ついていったり出来ますよね。

スマホアプリでそれをするには
役割りの変わるところで一旦止めて
次の部分を次のリーダーのパート
から順に録音していく
必要があるんです。

またリーダーとついていくパートが
分担されていたとしてもお互いに
聴き合って寄せ合っていきますが、
それが一方通行だとやはり
ちょっと不自由な感じですね。

じゃあ普通のレコーディングでは
どうしてたかな?と思ってみると、
クリックというメトロノーム
みたいなカチカチ言うのが流れる
ヘッドホンやイヤホンをして
それを基準に合わせていったり
指揮者がいたりするんです。

このアプリも演奏時だけ聴こえる
メトロノーム機能があるんですが、
アッチェルランドしたり
リタルダンドがあったりしては
かけっぱなしにはできません。

通常のレコーディングはそういう
テンポが揺らぐところはクリックは
止めて奏者同士のアンサンブルや
指揮者が合わせたりします。

また先に録音されてるパートに
後から伴奏やオブリガードを
入れる場合は、
完全に入ってるものに合わせる
だけでこちらがアインザッツを
出したりはしないものです。

今回やってみて、
生身の人間同士でやる
アンサンブルってやっぱり快適だし
聴き合って刺激し合ったり
調整し合えるって楽しいことだな
というのを再確認したのでした。

なんて色々書いてますが
このアプリがダメってことでは
全然なくて、
リードするパートが変わらない曲
なら楽しく使えると思います。

別の曲でやったら新たな何かを
発見するかもしれないので
またやってみます!

無料で色々出てるので
気になったら試してみて
くださいね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。