コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル 練習

「音程悪いよ」と言われても直らない

合奏で指揮者が来ない日に
メンバーだけでトレーニングを
しなければならないような場合、
団内トレーナーのような立場に
立つことはありますか?

有吉尚子です。こんにちは!

みんなの前で基礎合奏を仕切る、
そんな役割りになると
すごく良く耳を使うようになるし、
鍛えられるんですよね。

そしてときにはメンバーに
音程やタテを合わせることなど
アドバイスをしなきゃならない
ということも多いでしょう。

そんなとき、
「みんなの役に立つことを
 言わなきゃ!」
なんて思ってつい普段とは違う
アラ探しモードの耳になって
出来ていないところを見つけようと
しがちではありませんか?

もちろん改善の余地があることに
気がつけて修正していけるなら
全体が上達していきますから
それ自体は役立つことですね。

しかし。

自分が気付いたことを
そのまま伝えるのは必ずしも
良いこととは言い切れないんです。

というのは、
合わない音程で吹いている本人も
なんだか合わないなとは
わかっていてモヤモヤしていたり、
人前で指摘されることで
萎縮してしまうタイプだったり
なんてケースがあるから。

それに出来てないことを
出来てないねと
安易に指摘してすぐに直るなら、
そもそもズレたりしないかも
しれませんよね。

そんなとき、
個人的に指摘したりしてメンバーの
モチベーションを下げずに
良い方に向かわせるには
どんなことができるでしょう。

例えば合ってない和音の構成を
みんなで確認してみたり、

誰がハーモニーの中心になって
誰がそこに寄って行くかの
役割り分担を決めたり、

発音を合わせたい瞬間の一音だけを
せーの!で鳴らしてみたり。

工夫次第で色んなことが出来るし、
トレーニングスキルのある先生が
普段やっている進め方から
参考に出来ることも
たくさんあるんですよね。

はっきり言って指摘だけなら
誰でも出来るんです。

日常会話なら気付いたことを
そのまま伝えるだけなんて
大人はやりませんね。

見たままなんの工夫も配慮もなく
「きみ鼻毛出てるね」
なんていうのは子供だけです。

合奏トレーニングも
それとまったく同じ事なんですね。

指導力というのは自分のアンテナの
精度が高いのはもちろんのこと、
それだけでなく結果として
全体が良くなるための
コミュニケーションスキル
大切な要素になっていますね。

前に出て仕切らなきゃならない時、
参考にしてみてくださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド