アレクサンダー・テクニーク レッスン 思考と心 練習

問題解決と問題隠し

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

息の通りが悪いからもっと優しく吹いてみよう、でもそうしたら音量が落ちた。

音量が落ちるのは困るから少しベルを上げてみようか。

ベルを上げて吹いていたら腰が痛くなった。

腰痛治療のために病院にいかなくちゃならないなんて音楽って手間がかかるなあ。

こんなパターンはもしかしたらそもそも息の通りが悪い原因はアンブシュアの締めすぎにあって根本解決のために病院は関係ない、ということも考えられます。

なんていうのは極端な例ですが、原因に対処せず問題を隠すようなことをしてしまうことは気づかぬうちに結構たくさんあるものかもしれません。

もちろん問題を隠すだけでは解決にもならないばかりかしわ寄せとして新たな問題が出てきたりして良いことがないのはわかります。

しかしもしかしたら他の練習方法が思いつかなくて根本解決のつもりで問題隠しをしてしまってるということはないでしょうか。

力んでいるからそれをやめよう。

指が遅いからもっと速く。

どこか痛いからマッサージへ。

力んでいるのは必要な働きをしていないサボってる部分があるからかもしれません。

指が遅いのは頭が音を認識できていないからかも。

どこか痛いのは奏法に無理があるから。

こんな風に考えると一見直接的なアプローチをしているようで実は全く解決に向かいもしない対処の仕方もあるものですよね。

一時的に解決したように見えても根本原因が残っていればいずれまた別の形でトラブルが出てくるものです。

とはいえ自分の知ってる対処法が一時しのぎなのか根本解決なのかは専門分野でないと判断に自信が持てないものかもしれません。

他の練習方法を思いつくだけの引き出しを持っていないかもしれません。

それでも気になることの解決法が一時しのぎの問題隠しなのか根本解決に繋がるものなのかを自分で考えることは見る目と自分で考える力を育てていきますよ。

専門家に頼るのもいいでしょうが、考える力と見る目があれば自分で考えて練習を組み立てられるというだけでなくどういう専門家に頼るのかを自分で選ぶこともできるようになるでしょう。

誰に習うかを自分で選べたら問題隠しをして煙に巻きレッスン依存にする専門家に引っかかるのではなく、自分で考えて自分で練習を組み立てられるようになる自立するためのレッスンだって受けられます。

自信がないから考えるのをやめる、ではなく少しでも根本解決に繋がるかどうか見極めて練習方法を取捨選択しようとするのは大切なことだと思います。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド