楽器練習効率化ガイドブック

ちゃんと練習はしているのに
なぜかうまくいかない
このフレーズ、

致命的なミスになるほど
じゃあないんだけど
なんだかいつも
吹きにくいパッセージがある、

他の人とは大丈夫なのに
この人と合わせる時だけ緊張する、

そんな大問題ではないけれど
いつかは解消したいことって
そのままにしているとずっと心に
引っかかり続けるんですよね。

 

有吉尚子です。こんにちは!

 

そんな小さな違和感が積み重なって
やがて苦手意識になっていき、
苦手意識が膨らめば
いつしかコンプレックスに。

長く演奏してきている方は
何かしらそんな風にもやもやを
抱えたまま楽器を吹いてるのでは
ないかと思います。

長く演奏してきて全く何の悩みも
ない人なんていませんよね。

それはあなたが頑張ってる証拠。

初心者のときには見えなかった
もっともっと遠くの景色が
見えるようになったからこそ、
そこへ行きたくなるんですよね。

なんにも頑張ってない人には
解決したいことなんて
別にこれといって無いでしょう。

ただ上っ面の「それっぽい」を
目指してるんじゃなくて
自分の心を掘り下げるように
音楽に向き合ってるからこそ、
前に進みたいけど進めないときに
ジレンマを感じるんですよね。

それくらい真剣に演奏を深めたい
と思ってる方は
気になってることも具体的だし
とっても繊細なレベルでの変化を
求めてるのもよくわかります。

「あるあるな間違いと正解」

「一般的に良いとされる奏法」

なんて薄っぺらいものじゃなく
本当に自分に合った吹き方や
ほんのちょっとの、
でも大きな違いを生む考え方の
転換なんかが欲しいんですよね。

そんなそれぞれ個別のケースでの
奏法の可能性を知ったり
微細な変化を体験して
演奏の幅を広げたりするのは
アレクサンダーテクニークの
強みと言えるでしょう。

人体の構造や心と脳の働きを
ちゃんと知った上で
個別のケースに還元していくのは、
本を読んだり誰か有名奏者の
うまく行ったケースを真似する
なんてことではありません。

自分の身体は自分の経験や思考は
どういう習慣を持っているのか、
そんなことを理解した上で
演奏するときのアイデアを増やし
場面によってその都度
うまくいきそうな方法を
選べるようになるのは、
自分に合うかどうかわからない
他の誰かのためのアイデアを
丸呑みするのと全然違いますよね。

小さな違和感や大事故ではないけど
いつもうまくいかずミスをする、
なんてことは実は自分には
合っていないやり方をしてしまって
いるからかもしれません。

わたしたち大人奏者はがむしゃらに
言われたことを何でもやっていれば
いつかそのうち上手くなっていく
学生とは違います。

全く別の身体と経験と思考を持つ
他の誰かのために提案されたことを
無検証に取り入れたりせず、
ちゃんと情報を取捨選択できる
目と判断力を養う姿勢を
いつでも持っていたいものですね。

 

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。