アレクサンダー・テクニーク 思考と心 身体の仕組み

コンプレックスは頑張ってる証拠

Pocket

ちゃんと練習はしているのになぜかうまくいかないこのフレーズ、

致命的なミスになるほどじゃあないんだけどなんだかいつも吹きにくいパッセージがある、

他の人とは大丈夫なのにこの人と合わせる時だけ緊張する、

そんな大問題ではないけれどいつかは解消したいことってそのままにしているとずっと心に引っかかり続けるのですよね。

そんな小さな違和感が積み重なってやがて苦手意識になっていき、苦手意識が膨らめばいつしかコンプレックスに。

長く演奏してきている方は何かしらそんな風にもやもやを抱えたまま楽器を吹いてるのではないかと思います。

長く演奏してきて全く何の悩みもない人なんていませんよね。

それはあなたが頑張ってる証拠。

初心者のときには見えなかったもっともっと遠くの景色が見えるようになったからこそ、そこへ行きたくなるのですよね。

なんにも頑張ってない人には解決したいことなんて別にこれといって無いでしょう。

ただ上っ面の「それっぽい」を目指してるんじゃなくて自分の心を掘り下げるように音楽に向き合ってるからこそ、前に進みたいけど進めないときにジレンマを感じるのですよね。

それくらい真剣に演奏を深めたいと思ってる方は気になってることも具体的だしとっても繊細なレベルでの変化を求めてるのもよくわかります。

「あるあるな間違いと正解」

「一般的に良いとされる奏法」

なんて薄っぺらいものじゃなく本当に自分に合った吹き方やほんのちょっとの、でも大きな違いを生む考え方の転換なんかが欲しいのですよね。

そんなそれぞれ個別のケースでの奏法の可能性を知ったり微細な変化を体験して演奏の幅を広げたりするのはアレクサンダーテクニークの強みと言えるでしょう。

人体の構造や心と脳の働きをちゃんと知った上で個別のケースに還元していくのは、本を読んだり誰か有名奏者のうまく行ったケースを真似するなんてことではありません。

自分の身体は自分の経験や思考はどういう習慣を持っているのか、そんなことを理解した上で演奏するときのアイデアを増やし場面によってその都度うまくいきそうな方法を選べるようになるのは、自分に合うかどうかわからない他の誰かのためのアイデアを丸呑みするのと全然違いますよね。

小さな違和感や大事故ではないけどいつもうまくいかずミスをする、なんてことは実は自分には合っていないやり方をしてしまっているからかもしれません。

わたしたち大人奏者はがむしゃらに言われたことを何でもやっていればいつかそのうち上手くなっていく学生とは違います。

全く別の身体と経験と思考を持つ他の誰かのために提案されたことを無検証に取り入れたりせず、ちゃんと情報を取捨選択できる目と判断力を養う姿勢をいつでも持っていたいものですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド