アナリーゼ 音楽理論

移調に慣れて読み替えに強くなろう

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!のシリーズ、今回は移調と転調の項目の続きからです。

p.117からの例題は解説が本に載っているので、それを見ていただければ補足することは特にありません。

敷いて言うなら、臨時記号が音階本来の音から高低に動かされたものなのか、動かされたものを打ち消すものなのか、それとも間違えやすそうなところに注意喚起のために親切で付けられただけのものなのかに注意して見ていきましょう、というところですね。

では例題を実際にやってみたら続くp.118の問題18と問題19もやってみてくださいね。

楽典の本を購入したい方はこちらからどうぞ
▼▼▼

やればやるほど楽典の考え方に慣れて行くので身につきます。

もしかしてあるかもしれない「めんどくさい感」もたくさん問題を自分でやるほどに薄れていきますよ!

では解説していきましょう。

問題18はC-durを増四度上げるのでFis-durになるわけですね。

高音部譜表というのは普通のト音記号楽譜のことです。

なのでト音記号楽譜にFis-durの調号をまず書いてしまいましょう。

Fis-durはシャープが6個ですね。

シャープを書く順番は
ファ、ド、ソ、レ、ラ、ミ、シ
です。

ちなみにフラットを書く順番は
シ、ミ、ラ、レ、ソ、ド、ファ
です。

シャープとフラットは反対の順番で付いていくんですね。

それを各譜表で架線を使わずに書ける場所に並べていきましょう。

さて。

問題18のC- durなのフレーズで音階本来の音でないのは2小節目のFisの音だけですね。

ここに注意して移調していきます。

各音を番号に直してみましょう。

5--3|4 #4 6 5|・1 1 3|・・・

となりますね。

その番号をFis-durで当てはめて配置していくだけです。

わたしのよくやる裏技を使う場合、移調前の楽譜をテノール記号で書かれてると想定して
ミーード|レ #レ ファ ミ|・・
と読んでそれを移調先の楽譜をヘ音記号と想定して配置します。

それから音階本来の音でないのを調整して終わりです。

簡単ですね!

では次、問題19はどうでしょう。

これは何調だと思いますか?

フラットがひとつの調号なのできっとF- durかd-mollですね。

そして#ドが出てきていて導音のようなので短調っぽいです。

つまりd-mollなんですね。

それが短3度下がるわけですからh-mollになります。

h-mollの調号はシャープが二つ。

でも臨時記号で書くことを指定されているので調号は書きません。

これも音階本来の音じゃないものに注意しながら移調していきましょう。

わたしの裏ワザを使うなら、移調前の楽譜をヘ音記号で想定して3度上の音を読みます。

ミ|ラーーソファ|ミーシー|・・・
となるわけです。

そして移調後をト音記号楽譜と想定して配置していきます。

終わったら調号として必要なシャープと音階本来の音から変えられたものに臨時記号を足して行って終わり。

再度、簡単ですね!

裏ワザを使うときのポイントは移調前と移調後の楽譜が同じ音名で読めるように工夫すること。

これが出来ると読み替えが瞬時に出来るようになるのでぜひぜひ問題もたくさんやってみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

1982年栃木県日光市(旧今市市)生まれ。小学校吹奏楽部にてクラリネットに出会い、高校卒業後19才までアマチュアとして活動する。20才のときに在学していた東京家政大学を中退し音大受験を決意。2003年洗足学園音楽大学入学。在学中から演奏活動を開始。 オーケストラや吹奏楽のほか、CDレコーディング、イベント演奏、テレビドラマBGM、ゲームのサウンドトラック収録など活動の幅を広げ2009年に洗足学園音楽大学大学院を修了。受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。  及川音楽事務所第21回新人オーディション合格の他、コンクール・オーディション等受賞歴多数。 NHK「歌謡コンサート」、TBSテレビドラマ「オレンジデイズ」、ゲーム「La Corda d'Oro(金色のコルダ)」ほか出演・収録多数。 これまでに出演は1000件以上、レパートリーは500曲以上にのぼる。 レッスンや講座は【熱意あるアマチュア奏者に専門知識を学ぶ場を提供したい!】というコンセプトで行っており、「楽典は読んだことがない」「ソルフェージュって言葉を初めて聞いた」というアマチュア奏者でもゼロから楽しく学べ、確かな耳と演奏力を身につけられると好評を博している。 これまでに延べ1000名以上が受講。発行する楽器練習法メルマガ読者は累計5000名以上。 「ザ・クラリネット」(アルソ出版)、吹奏楽・管打楽器に関するニュース・情報サイト「Wind Band  Press」などに記事を寄稿。 現在オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動のほか、レッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 BODYCHANCE認定アレクサンダーテクニーク教師。 日本ソルフェージュ研究協議会会員。音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成®メソッド