楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズを続けましょう。

解説も聞きつつ問題を解いたり
この本に載ってることより
さらに詳しく知りたいという方は
楽典講座へご参加下さいね。

さて、今回はp.87の「複音程」
の項目から見ていきましょう。

複音程というのは
本で解説されている通り
オクターブ以上の音程のことです。

「1オクターブと何度」
なんて言い方もするし
ドレミファソラシドレミで10度
なんていう数え方もします。

普通はオクターブ以内の単音程
プラス何オクターブか、
という風に考えると
わかりやすいですね。

そして次のページp.88に
書いてあるとおり、
長短増減などの音程の種類は
オクターブ以内の音程の種類と
同じと考えられます。

オクターブずらしたときに
響きの聴こえ方が同じように
感じられるからですね。

これは覚える必要はありませんが
数えられるようになっておくと
便利なので数える練習として
問題6をやっておきましょう。

数えられなければ
どの音とどの音が何度の関係か
いちいち覚えないとわからなくて
この後の話を読むのに
大変面倒くさいです。

ぜひここで慣れてしまいましょう。

その次p.89の「音程の転回」は
譜例15びある通り音の高さの違う
2つの音をオクターブ変えたりして
ひっくり返すことですね。

ひっくり返しても鳴ってる
響きの種類は同じなので、
長短系か完全系かは変わらない
なんてことが書いてあります。

これも概念がわかっていて
数えることができるなら
別段覚えなくていいことなので、
解説を読みながら例題1、2と
問題7もやってしまいましょう。

p.90の「協和音程と不協和音程」
のところはピアノかアンサンブルか
アプリで実際にその音程を
鳴らしてみると、
どれくらい透き通っているのか
濁って感じられるかわかります。

これも覚えなくていいので
聴こえ方の違いと
完全系長短系の違いを
体験してみると面白いですよ!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。