楽器練習効率化ガイドブック

練習するときに複雑な箇所は
ゆっくりからやりますよね。

これって丁寧に練習すること
だと思いますか?

有吉尚子です。こんにちは!

確かにまだ譜読みや技術的な面が
追いついてない状態でインテンポに
するよりは丁寧でしょう。

とはいっても残念ながら
ただ単にゆっくり練習するだけでは
さっぱり上手くならない、
なんてこともあるんですよね。

ぼんやり何の表情もない
書いてあるからというだけの
ただの音を無意味に出している瞬間
はありませんか?

ニュアンスが曖昧で迷っているのは
どこだか自分で聴こえていますか?

ちょっとだけニュアンスをつけても
速くなったら聴こえにくくなるし
わかりにくくなります。

速くなっても表情が聴こえるくらい
明確な音の変化をさせていますか?

ゆっくりやるからこその練習をせず
ただテンポを落とすだけなら
音符の並びを把握するだけの時間に
なってしまいます。

・ひとつひとつの音の発音は
・語尾の処理はどうなっているか
・歌い方やニュアンスはどうするか

そんなことを考えたいわけですね。

ゆっくり吹いたときにも
色んな表情があって全体が隙無く
音楽的だったらテンポを上げたら
すごく素敵な演奏になるでしょう。

そのために付けたいニュアンスを
あちこちに仕込むために
ゆっくり分解して練習するんです。

テンポを落とす目的は
「音を覚える」「楽譜を知る」
そんなことだけでは無いんですね。

練習の中身について考えてみると
意外にもっと出来ることが
あるかもしれませんね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。