思考と心 練習

テンポを落としたときの練習の中身

Pocket

練習するときに複雑な箇所はゆっくりからやりますよね。

これって丁寧に練習することだと思いますか?

有吉尚子です。こんにちは!

確かにまだ譜読みや技術的な面が追いついてない状態でインテンポにするよりは丁寧でしょう。

とはいっても残念ながらただ単にゆっくり練習するだけではさっぱり上手くならない、なんてこともあるのですよね。

ぼんやり何の表情もない書いてあるからというだけのただの音を無意味に出している瞬間はありませんか?

ニュアンスが曖昧で迷っているのはどこだか自分で聴こえていますか?

ちょっとだけニュアンスをつけても速くなったら聴こえにくくなるしわかりにくくなります。

速くなっても表情が聴こえるくらい明確な音の変化をさせていますか?

ゆっくりやるからこその練習をせずただテンポを落とすだけなら音符の並びを把握するだけの時間になってしまいます。

・ひとつひとつの音の発音は

・語尾の処理はどうなっているか

・歌い方やニュアンスはどうするか

そんなことを考えたいわけですね。

ゆっくり吹いたときにも色んな表情があって全体が隙無く音楽的だったらテンポを上げたらすごく素敵な演奏になるでしょう。

そのために付けたいニュアンスをあちこちに仕込むためにゆっくり分解して練習するんです。

テンポを落とす目的は「音を覚える」「楽譜を知る」そんなことだけでは無いんですね。

練習の中身について考えてみると意外にもっと出来ることがあるかもしれませんね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド