コミュニケーション レッスン 思考と心

先生の前に出るとヘタクソになりませんか?

Pocket

普段合奏の中で仲間と一緒なら堂々と吹けるのにレッスンになると途端に何だかヘタクソになる、一人ならちゃんと出来るところがレッスンでは上手くできない、そんな風に尊敬している先生の前でついついダメな生徒を演じてしまうことってないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

わたしも苦手というわけでは決してないのにどうもこの先生の前だと自分のダメな面が際立つような・・ということがいまだにあります。

これってひとつの自分へのレッテル貼りでもあり、先生と生徒という関係の中で快適にいるための自衛策でもあるのかもしれないなと思うのです。

潜在意識ではもちろんちゃんと上手くなっていくのがお互いに良いとわかっているけれど無意識では劣った存在であることでいつまでも教わり続ける状況を確保できる、なんて感じていたり。

または本当は自分では「自信がある!」と思ってることを否定されたくなくてよくわからないふりをしたり。

突っ込んだ質問をされてタジタジするのが怖いから自分の音楽的な主張を隠したり。

先生に比べたら自分なんてまだまだ・・なんて思う謙虚な気持ちもあるのかもしれませんが、劣った存在であり続けることと謙虚に学び続けるのは違うことなのにいつのまにか混同しているなんてこともあるのでは、と感じます。

そしてそんなことを言っていてもコンサートで演奏するときはその先生が来ているからってヘタクソを演じるようなことはできませんね。

それはわたしたちの演奏を楽しみにわざわざ出掛けてくれた他のお客さんたちに対して失礼でもありますし。

大人なら立場によって場面によって接し方を変えることもあるし、「誰の前でも同じ」なんてわけにはいきませんが無意識で自分を低く見せるような振る舞いが本当に自分のためになっているのか、目先のトラブル回避ではなく将来的な成長の役に立っているのかそんなことを考えてもいいのではないかな、と思うことがあります。

こんなこと、共感する方はいらっしゃるでしょうか?

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, レッスン, 思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド