楽器練習効率化ガイドブック

普段合奏の中で仲間と一緒なら
堂々と吹けるのにレッスンになると
途端に何だかヘタクソになる、
一人ならちゃんと出来るところが
レッスンでは上手くできない、
そんな風に尊敬している先生の前で
ついついダメな生徒を演じて
しまうことってないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

わたしも苦手というわけでは
決してないのに
どうもこの先生の前だと
自分のダメな面が際立つような・・
ということがいまだにあります。

これってひとつの
自分へのレッテル貼りでもあり、
先生と生徒という関係の中で
快適にいるための自衛策でもある
のかもしれないなと思うんです。

潜在意識ではもちろん
ちゃんと上手くなっていくのが
お互いに良いとわかっているけれど
無意識では劣った存在であることで
いつまでも教わり続ける状況を
確保できる、なんて感じていたり。

または本当は自分では
「自信がある!」
と思ってることを
否定されたくなくて
よくわからないふりをしたり。

突っ込んだ質問をされて
タジタジするのが怖いから
自分の音楽的な主張を隠したり。

先生に比べたら
自分なんてまだまだ・・
なんて思う謙虚な気持ちも
あるのかもしれませんが、
劣った存在であり続けることと
謙虚に学び続けるのは違うこと
なのにいつのまにか混同している
なんてこともあるのでは、
と感じます。

そしてそんなことを言っていても
コンサートで演奏するときは
その先生が来ているからって
ヘタクソを演じるようなことは
できませんね。

それはわたしたちの演奏を
楽しみにわざわざ出掛けてくれた
他のお客さんたちに対して
失礼でもありますし。

大人なら立場によって場面によって
接し方を変えることもあるし、
「誰の前でも同じ」
なんてわけにはいきませんが
無意識で自分を低く見せるような
振る舞いが本当に自分のために
なっているのか、
目先のトラブル回避ではなく
将来的な成長の役に立っているのか
そんなことを考えても
いいのではないかな、
と思うことがあります。

こんなこと、
共感する方はいらっしゃる
でしょうか?

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。