楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

ある日クラリネットを吹いていて
全然反応の良くない
ダメなリードを吹いた瞬間、
自分の首や身体がギュッと
固まってこわばるのに
気が付きました。

ほんの些細な変化ではあるんですが
積み重なると疲労や肩こりなどに
つながっていくだろうなと思うと
ちょっと興味深い反応だなと
自分で感じたんですね。

これはやろうとしていたことが
ダメリードではできないので
アレクサンダー・テクニーク
の視点でみると
「不可能なことをやろうとしてる」
にあたるのかなと思います。

ひとの身体って脳からの指令に
反応して動きますが、
指令が物理的に不可能なことでも
身体はそれを達成するために
何かしようとするそうです。

そして不可能なことのために
実際に有効な出来ることがないと
動けず固まってしまうんだとか。

まだ満足に読めてもいない
テンポの速い曲を初見でいきなり
インテンポでやろうとしたら
身体がカチカチになって
上手くなんて吹けませんよね。

それと同じ「不可能プラン」です。

ダメリードは捨てるか調整するかで
ちゃんと吹けるリードにすることが
思ったように演奏するために
必要な手順です。

なのにその必要な手順を通らず
使えないリードで吹こうとするのは
物理的に不可能なことなんですね。

そして使えると思って吹いてみた
リードがダメだったという
「不可能ですよ」
のサインを突きつけられて
良いリードだった場合にやろうと
していたことにブレーキをかける
という動きがこの首の固まり
なのかなと思いました。

他にも
「あーまた新しい箱を買わなきゃ」
なんて憂鬱な思いも
関係しているかもしれませんし、
人によって色んなパターンが
あるでしょうから
あるあると思った方は自分がなぜ
ギュッとなるのか考えてみるのも
面白いかもしれません。

これってパソコンが作業中に
フリーズしたときや、
作りかけの料理を引っくり返した
なんてときにも起きていることな
可能性もありますね。

そしていつも無意識に
やっていたことの原因がわかったら
固まってわざわざさらに
吹きにくくするような動きは
しなくなるかもしれませんね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。