アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習

リードの調子が悪いと身体もこわばる

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

ある日クラリネットを吹いていて全然反応の良くないダメなリードを吹いた瞬間、自分の首や身体がギュッと固まってこわばるのに気が付きました。

ほんの些細な変化ではあるんですが積み重なると疲労や肩こりなどにつながっていくだろうなと思うとちょっと興味深い反応だなと自分で感じたんですね。

これはやろうとしていたことがダメリードではできないのでアレクサンダー・テクニークの視点でみると「不可能なことをやろうとしてる」にあたるのかなと思います。

ひとの身体って脳からの指令に反応して動きますが、指令が物理的に不可能なことでも身体はそれを達成するために何かしようとするそうです。

そして不可能なことのために実際に有効な出来ることがないと動けず固まってしまうんだとか。

まだ満足に読めてもいないテンポの速い曲を初見でいきなりインテンポでやろうとしたら身体がカチカチになって上手くなんて吹けませんよね。

それと同じ「不可能プラン」です。

ダメリードは捨てるか調整するかでちゃんと吹けるリードにすることが思ったように演奏するために必要な手順です。

なのにその必要な手順を通らず使えないリードで吹こうとするのは物理的に不可能なことなんですね。

そして使えると思って吹いてみたリードがダメだったという「不可能ですよ」のサインを突きつけられて良いリードだった場合にやろうとしていたことにブレーキをかけるという動きがこの首の固まりなのかなと思いました。

他にも「あーまた新しい箱を買わなきゃ」なんて憂鬱な思いも関係しているかもしれませんし、人によって色んなパターンがあるでしょうからあるあると思った方は自分がなぜギュッとなるのか考えてみるのも面白いかもしれません。

これってパソコンが作業中にフリーズしたときや、作りかけの料理を引っくり返したなんてときにも起きていることな可能性もありますね。

そしていつも無意識にやっていたことの原因がわかったら固まってわざわざさらに吹きにくくするような動きはしなくなるかもしれませんね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド