楽器練習効率化ガイドブック

タバコをやめた方が良いのは
わかっているけれど・・

練習した方が良いのは
知ってるんだけれど・・

そんなことってありますよね。

有吉尚子です。こんにちは!

これって直接的に
「禁煙しよう!」
「毎日楽器を吹こう!」
なんて決意してもあまり効果が
無いのではありませんか?

それもそのはず。

タバコを吸ってしまう、
または練習をしない正当な理由
あなたにはあるんですから。

それはストレスがとか疲れがとか
そういうことではなくて、
そうせざるを得ない自分の心身の
使い方をしているってことだと
F.M.アレクサンダーさんが
著書の中で述べています。

例えば室内の歩く動線上で
手に取りやすいところにタバコを
置いてあるとか、

タバコを吸うと気分が良くなるに
違いないという思い込みとか。

もしタバコを吸わないときに
気分が良くないとしたら
そのときにどんな身体の使い方を
しているのか考えたことは
あるでしょうか。

身体の使い方が変わっても
同じように気分が良くないかどうか
試したことはあるでしょうか。

楽器の練習が億劫なのも同じことで
出すのにもの凄く手間のかかる
ケースに楽器が入っているとか、

吹くときに動きが不自由になる
身体の使い方をセットで行っていて
「楽器を吹くと疲れる」
と思い込んでしまってるとか、

またはすでに不自由モード
だからこそ動き出したくないとか。

本当はやめたいことやりたいこと、
もしかしたら対象そのものじゃない
原因があるのかもしれませんね。

わたしも紅茶や緑茶など
カフェインをやめられないと
感じていたのですが、
朝何気なく習慣的に淹れてるお茶や
カフェで仕事をするときの紅茶など
何かの動きとセットだったり
ただの習慣動作だったりで
必要じゃないけど飲むのが当たり前
なんて習慣がやめられないの原因
なのかもしれないと思ったので
シェアしてみました。

参考になることがあれば
活かしてみてくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。