楽器練習効率化ガイドブック

客席に自分の耳を置いてきて
自分の出した音が聴けたら、
そんな風に思ったことは
ありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

骨伝導で聴いている音もあるし、
ステージと客席は位置もちがうし、
自分で吹いていると
客観的に聴くのって
難しいような気がしますよね。

じゃあ、ホールで聴いている
お客さんは何を聴いていると
思いますか?

あなたの身体に触れて
骨伝導音を聴いてるってことは
ありませんよね。

奏者の近くに来てベルのすぐそばに
耳を寄せてるってことも
あまりないでしょう。

幼稚園の音楽会などでは
たまにありますが(笑)

じゃあどこを聴いているでしょう。

ホールに鳴り響いてる音全体
聴いてるんじゃないでしょうか。

ステージから出てきて壁や天井や
客席やドアや人間にぶつかって
反響している音、
それを聴いているんですよね。

ホールの音響が良いかどうか、
そんなことがコンサートを聴く時に
重要なのはだからこそですね。

では。

ステージにいたらその空間全体で
反響している音って聴こえない
ものなんでしょうか?

そんなわけありませんね。

普通はちゃんと聴こえています。

もし聴こえないのであれば、
自分のすぐそばで鳴ってる音や
骨伝導の方が近いから
そっちに気を取られて
空間全体の音を聴いていない
かもしれません。

反響するものがなにもない野外や
ざわついた会場で本当に空間の音が
自分に聴こえないときは、
モニター用のスピーカーを
奏者に向けて置いておくものです。

これがカエシとかコロガシとか
呼ばれるスピーカーですね。

だから有名奏者のコンサートで
ホールの反響音ではなく
生音がどんなか知りたいときは
できるだけステージに近い席で
奏者の眼の前で聴くんですよね。

ホールに行ったら普段練習室で
自分の近くの音を聴いているときと
同じ聴き方では同じようには
もちろん聴こえません。

どこに耳を向けたいのか、
それをはっきりさせるだけでも
結構ちがうものなんですよ!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。