楽器練習効率化ガイドブック

通勤電車で出来る裏技ソルフェ、
音程のトレーニングをいくつか
ご紹介しましたが、
今回はリズムやテンポを整える
トレーニングをやってみましょう!

有吉尚子です。こんにちは!

今日必要なのはカチカチの
秒針がある時計。

デジタルの表示で秒がわかる
時計でも大丈夫です。

もし時計が無ければスマホの
ストップウォッチ機能を
使いましょう!

さて、時計の秒針はメトロノームの
テンポでいうと60ですね。

そのテンポ60を8拍くらい
眺めながら数えます。

指先や小さなうなずきなど
身体のどこかで数えながら
時計と一緒に動きでカウントして
みましょう。

ストップウォッチを使ってる方は
1秒以下の細かい数字は見ないで
大丈夫です。

充分ぴったりテンポ60でカウント
出来てるなと思ったら、
そのままカウントし続けながら
時計から目をそらして2拍だけ
自分でやってみます。

その後時計に目を戻してカウントが
秒針とぴったり合っているかどうか
確かめてみましょう。

どうでしたか?

まったくズレずにカウントが
出来ていたら、
おめでとうございます!

次は8拍眺めながらカウントした後
一人で4拍やってみましょう。

また時計に目を戻して確認し、
もし4拍も大丈夫だったら
6拍やってみます。

6拍が出来たら次は8拍。

8拍できたら、
今度はその8拍を1セットで
時計を見ながら→見ないで→
見ながら→見ないで
と何セットが繰り返して
みましょう。

電車の中は色々雑音があったり
動いてるものからもリズムを
感じるので結構難しいのですよね。

雑音のない静かなところでやるのが
理想の環境ではありますが、
コツはただ数字を数えるよりも
何かテンポ60か120の曲を頭の中で
歌いながらやることです。

慣れてきたらその曲の脳内再生は
停止してカウントだけで
やってみましょう。

ふざけているようですが、
演奏中に無意識にテンポが走ったり
遅れたりするという方には
なかなか良い練習になるはずです。

満員電車で誰かのお尻付近に
手がある時はチカンに
間違われないようまばたきか何か
別のカウント方法で
やってくださいね!笑

はじめはなかなか出来ないのが
当たり前なのでめげずにぜひ何度も
チャレンジしてみてくださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。