アナリーゼ アレクサンダー・テクニーク レッスン 思考と心

自立したプレーヤーになりましょう

Pocket

昔々わたしたちが学生だった頃、テストの問題には正解と不正解がちゃんとありましたよね。

授業の中で先生の問いに答えるにもやっぱりこれという望ましい答えがあったような気がします。

あなたはどうでしたか?

それが良いとか悪いとかについてはここで何か言っても無意味なので置いておきますが、演奏の場面や音楽のレッスンではどうでしょうか。

何歳の誰でもどんな状況でも必ずこれさえやれば上手くいく、そんな「正解」の奏法ってあるんでしょうか。

または初心者ならこれをやれば絶対うまくなる、そんなメソッドはあるでしょうか。

わたしはこれはありえないと思っています。

同じ時に初めて楽器に触った子供も力を使いすぎて音が出なかったり、全然力を使ってないために音が出なかったりと様々。

大人だって体格や目標だけでなくその日の体調だって演奏に影響するのを知っていますよね。

例えば二日酔いの日にはそっとしか吹けないように(笑)

だからレッスンでは「これが正解の吹き方です」なんてことは言えないのです。

それどころか「あなたにはこれが合ってます」とさえ断言はできないもの。

その時々、段階、やりたいことが変わったら何が合うかも変わりますからね。

じゃあレッスンでは一体何をするのかというと、プロセスを学ぶのです。

どうやってそのときの自分に合うやり方を探すか、

別の吹き方を見つけるにはどうしたらいいのか、

どんな風に練習を組み立てたらやりたいことに通じるか、

そういう「見つけ方」「考え方」を学ぶのがレッスンだと思います。

先生がやってることを丸コピーするのでもなく、何か提案されるのを待つのでもなく自分で考える力をつけるもの。

そしたら誰にも依存しないで自分の音楽を自分がやりやすい方法で探していけるプレーヤーが増えていくのではないでしょうか。

ピンときたら参考にしてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド