楽器練習効率化ガイドブック

昔々わたしたちが学生だった頃、
テストの問題には正解と不正解が
ちゃんとありましたよね。

授業の中で先生の問いに答えるにも
やっぱりこれという望ましい答えが
あったような気がします。

あなたはどうでしたか?

有吉尚子です。こんにちは!

それが良いとか悪いとかについては
ここで何か言っても無意味なので
置いておきますが、
演奏の場面や音楽のレッスンでは
どうでしょうか。

何歳の誰でもどんな状況でも
必ずこれさえやれば上手くいく、
そんな「正解」の奏法って
あるんでしょうか。

または初心者なら
これをやれば絶対うまくなる、
そんなメソッドはあるでしょうか。

わたしはこれはありえない
思っています。

同じ時に初めて楽器に触った子供も
力を使いすぎて音が出なかったり、
全然力を使ってないために
音が出なかったりと様々。

大人だって体格や目標だけでなく
その日の体調だって演奏に影響
するのを知っていますよね。

例えば二日酔いの日には
そっとしか吹けないように(笑)

だからレッスンでは
「これが正解の吹き方です」
なんてことは言えないんです。

それどころか
「あなたにはこれが合ってます」
とさえ断言はできないもの。

その時々、段階、やりたいことが
変わったら何が合うかも
変わりますからね。

じゃあレッスンでは一体何を
するのかというと、
プロセスを学ぶんです。

どうやってそのときの自分に合う
やり方を探すか、

別の吹き方を見つけるには
どうしたらいいのか、

どんな風に練習を組み立てたら
やりたいことに通じるか、

そういう「見つけ方」「考え方」を
学ぶのがレッスンだと思います。

先生がやってることを丸コピー
するのでもなく、
何か提案されるのを待つのでもなく
自分で考える力をつけるもの。

そしたら誰にも依存しないで
自分の音楽を自分がやりやすい方法で
探していけるプレーヤーが
増えていくのではないでしょうか。

ピンときたら参考にしてみて
くださいね!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。