コミュニケーション レッスン 思考と心 練習

当たり前のレベルを引き上げる

Pocket

練習してもなかなか上手くならなかったり、やれば状況が変わるとわかってはいるのに新しいことに着手できなかったり、なんてことはないでしょうか。

コーチングの理論で、人は自分の心地よいと思う状態から出たがらない、というのがあるそうです。

有吉尚子です。こんにちは!

変化しないことを求めるというのは「下手なままでいたい」という深層心理があるという話題の時に取り上げました。

同じ理屈ですね。

コーチングではその心地よいと思うレベルを今いるところより高いレベルに設定してしまうと、今度はそこにいない自分に違和感を感じてそのレベルに収まろうと努力するように脳の仕組みが出来ているということで、レベルアップを引き起こすそう。

ダウンロード (1)

音楽家に置き換えてみると、よく言われることに「上手くなりたければ上手い人と付き合いなさい」というのがあります。

自分が一番下手な状況にいられる人は急激に上手くなっていく、なんてことも言われますね。

これは本当だと思います。

当たり前の基準が今の自分よりもステップアップしたところにあれば自然とそこに違和感なくいられるように頑張りたくなりますもんね。

この理論、メンバーが決まっている楽団ではどう応用したらいいでしょうか。

普段の楽団の仲間の演奏が一番多く接するものだと、それが自分の当たり前になります。

もちろん上達の助けにならない人と付き合わない方がいいということではありません。

人間関係は演奏スキルだけでは成り立っていませんから。

今ある状況で、さらにステップアップしたい人に役に立つことのひとつは、良い演奏をたくさん聴くことです。

例えば来日演奏家などのコンサートに行くのも良いでしょうし、CDなどで日常的に良いものを耳になじませておくのもいいでしょう。

他にレッスンを受けているなら先生にたくさん演奏してもらってたくさん聴くのも大切な要素です。

身近で自分と同じ人種の身体構造も暮してる環境の気候なども大して変わらない人にできることがこんなにある、というのは刺激になりますよね。

上達したければ目指したいものにたくさん触れられるように環境を変えてしまうこと、ぜひ普段できそうなアイデアにアレンジして応用してみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, レッスン, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド