楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみよう!
のシリーズ、今回はp131の
調性判断の問題解説です。

前回に引き続き問題22を
見てみましょう。

これは転調していますが、
気になるのはそれよりも
アルト記号で書かれていること
かもしれません。

アルト記号の見方はどんなだったか
覚えていますか?

記号の真ん中のトンガリが
「ド」になるんでしたね。

例えばト音記号でinCの楽譜を
B管の楽器で吹くときと同じ読み方
(調号は違いますが)
になるんでした。

調については一見したところ
臨時記号の様子から
前半と後半で違っていそうです。

ではまず前半から見てましょう。

3小節目に跳躍した♯ドがあって
これは音階固有音のようです。

でもシャープ系の調ならドより先に
ファにシャープがついてるはず。

ところが同じ3小節目で
ナチュラルのファが跳躍してます。

ということはこの♯ドは
短調の導音なのでしょう。

♯ドが導音の短調はd-moll。

そう思って見てみると
1,2小節目にある臨時記号、
♭シはどちらとも考えられますが
どちらも次の小節のラに向かう
オシャレであって、
音階固有の音と言い切ることは
できなさそうです。

ということでd-mollと考えて
間違いはなさそうですね。

次に後半です。

パッと見たところ下の段2小節目に
跳躍した♭シがあります。

そして次の小説に跳躍したミがあり
フラットはついていません。

ということはフラット1つの調
と言えそうです。

そしたら長調か短調か調べるために
短調の導音を探します。

フラット一つの短調はd-mollなので
ドにシャープが付いているかどうか
見れば良いわけですね。

そして下の段1小節目に跳躍した
ドのナチュラルがあるので
これは短調ではなさそう。

ということで後半はF-durです。

この問題の答えは
d-mollからF-durに転調している、
となります。

つまり同じ調号の平行調という
近親調に行っただけなんですね。

平行調はお互いに近い調ですが、
一番戻って来たいゴールになる
主音は違ってるのがミソ。

平行調なら旋律の行き先は
変わるんですね。

興味深いところです。

慣れてくると調性はやればやるほど
簡単に見分けられるようになるので
ぜひたくさんやってみて下さいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。