楽器練習効率化ガイドブック

楽典を一緒に読んでみよう!
のシリーズ、今回はp131の
調性判断の問題を解説します。

有吉尚子です。こんにちは!

この調性判断ってソルフェージュが
ちゃんと出来ていたら
「歌えばわかること」
でもあります。

調がわかるというのは
歌いまわしの目的地や盛り上がりの
ポイントが分かるということなので
演奏するときには把握しておきたい
大切なことなんですね。

ではまず問題21を見てみましょう。

これはずいぶんたくさんフラットが
付いていますね。

パッと見たところシャープ系の調
ということはなさそう。

ではフラットが何個ついた調
なのでしょうか。

シャープの付く順番は
シミラレソドファです。

見てみると下の段2小節目の
レについたフラットは休符の後で
離れたところに進んでいるので
音階固有の音のようですね。

そして最後から2小節目、
ソの音はフラットが付かないで
跳躍しているのでこれも音階固有の
音なのでしょう。

ということはフラットは
4個の調のようです。

そして短調なら導音が半音
上がっているはずですが、
フラット4個の単調f-mollの導音
ミの音は下の段1小節目で
フラットのまま跳躍しています。

ということで、
ミは導音じゃありませんから
答えはフラット4個の長調、
As-durでした。

次は転調している問題22、
これは少し長くなりそうなので
次の記事にまとめます。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。