楽器練習効率化ガイドブック

曲の中に出てくる速くて複雑な
パッセージを吹くときに、
「楽譜をよく見て、やるぞ!」
なんて気合いを入れたら
音を出した途端に指が
もつれたりしませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

指の動きは身体の比較的末端の方
での動きなので、指にジストニアや
怪我など問題が全然なくても
腕や方など軸に近いところで
動きにくくなっていると影響を
受けてしまうことがあるんです。

例えば楽譜を覗き込むために
楽器を身体に引きつけて
腕を引き込んでいたり、
胸を張る動作をすることなどは
指回りにとっては
あまり有利な身体の使い方では
なくなってしまいます。

試しに腕で楽器を引き寄せながら
細かい音符を覗き込むように
楽譜に近づきつつ吹くのと、
腕にも楽器にも充分なスペースが
ある状態で吹くのを
比べてみるとよくわかります。

動きとしてはほんの些細な違い
なのですが吹き心地は結構
変わりますよね。

楽器の運指コントロールは
とても繊細な動きですから、
小さな動きの質の違いの積み重ねで
パフォーマンスは意外に
左右されていることもあるんです。

「こんな一見どうということのない
 ただのクセがこんなに
 音に影響してたなんて!」

というのはわたしが初めて
アレクサンダー・テクニークの
レッスンを受けてみたころに
よく感じていたことです。

人それぞれ色んなクセや動きの
特徴をもってるので、自分にはない
他人の動きのパターンを
知る機会になるグループレッスンは
興味深いものですね!

気になる方はぜひ参加してみて
下さいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。