楽器練習効率化ガイドブック

ちょっと前ですがわたしは5年ほど
認知症の祖母の介護を一人で
やっていた時期がありました。

一昨年93歳で亡くなりましたが
その時期は本当に大変でした。

洗濯機はゴミ箱と間違えて紙くずを
入れてしまうし、

ご飯は味が硬さが気に入らないと
お菓子ばかり食べてしまうし、

出かけるとなれば迷子になって
帰ってこられないので警察に
捜索願いを出さなきゃならないし、

ひとりじゃ出かけられないからと
付き添っても何もない道で転んで
救急車を呼ぶことになるし、

そんな思わぬケガをしてしまうと
アザが残ってしまいやすいから
わたしが虐待してるんじゃないかと
調査の人が来たりするし。

そして何より同世代は恋愛や
結婚子育ての話題ばかりで
まだまだ介護なんて全く共感して
もらえないのも辛いところ。

本当に本当に大変でした。

そんなときって練習したかったり
仕事があったりしても
人の命に関わることだから
優先せざるを得ないんですよね。

このメルマガを読んでる方にも
そういう介護や子育てなど
自分が好きで大切に思ってる
音楽よりも優先せざるを得ない
事情を抱えた方は
たくさんいらっしゃるでしょう。

合奏では楽譜に書いてあることは
吹けるようにしておかなければ
周りに迷惑になってしまうし、

個人レッスンなら
事前にしっかり練習していかないと
せっかくのレッスン時間に先生に
譜読みに付き合ってもらうことに
なってしまうからもったいない。

とはいえ平日は仕事だし
土日は楽団の練習が入ってるし
時間が取れないかも・・・。

連休は練習できるかと思ったけど
家族で旅行にも行きたいし
作りおきのおかずもたくさん
仕込んでおきたいし、
意外に自分の時間が取れない・・。

練習した方がいいのはわかってる。

でも年取った親の通院に
付き合ってあげなきゃ心配だし・・。

なんていう音楽よりも優先しなきゃ
ならないこともあるでしょう。

そういう状況では
「練習できない」
ということに罪悪感を持ちつつも
どうしようもなかったり
するんですよね。

そんな練習できないプレッシャーを
感じてるのはあなただけじゃ
ないんですよ。

「プロを目指すなら親の死に目に
会えない覚悟をしろ」
なんて言われた時代もありましたが
そんなバカな話はありません。

自分の人生で大切にしたいものを
大切にすることの
一体何がいけないんでしょう。

日々忙し紛れになってしまってる
ような気がするとしても、
それはあなたがちゃんと優先すべき
と感じることを優先して
大切に人生を行きている証拠
だと思います。

かなり頑張っていますよね。

たしかにレッスンは事前に自分で
やってみたことの方向性が正しいか
行きたい方に近づいているか、
そんなことをチェックするために
使うととっても有意義なのは確か。

でも事前に準備ができなかったら
何も意味のない時間に
なってしまうかというと、
そんなことはありません。

スケールしか吹けなくたって
音の聴き方の精度を上げたり、

発音やブレスコントロールの
新しいアイデアをもらったり、

譜読みの仕方をもっと効率的に
音楽的にできるよう
リニューアルしたり、

できることはたくさん。

どんな状況でも一人でやる以上の
有意義な内容のレッスンをするのが
専門家というもの。

困ったときには頼ったって
いいんですよ!

もちろんしっかり準備してきて
さらに一歩進むアイデアを得る
というのもひとつの学び方。

でもそれだけじゃありません。

初見で吹けるようなシンプルな
素材を使ったとしたって
一人じゃ気づけないような発見は
たくさんあるものなんですよ!

レッスンを受けようか迷っているなら
わたしのところじゃなくても
ぜひぜひ安心して学びに行ってみて
くださいね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。