アナリーゼ ソルフェージュ 音楽理論

変な拍子が出てきたときの数え方

楽典を一緒に読んでみましょう!のシリーズ続き、今回はp51の「拍子の種類」から行きましょう。

有吉尚子です。こんにちは!

ここは3つの種類の拍子について解説してあるセクションです。

西洋音楽の拍子はビートと言って基本的に2か3の組み合わせで出来ているんです。

例えば4/4なら1小節に2が2つあります。

4/3なら1小節に3が1つ。

ここでいう単純拍子というのはその最小単位である2か3のどちらかですよ、ということです。

例外として2が2つの4も最近では最小単位として見なされる、なんて書いてありますね。

次に複合拍子というのは、1小節に3が2つの6/8や3が3つの9/8など基準の2か3が複数入ってる拍子のことです。

大きなまとまりの中でさらに小さなまとまりがあるものなので、4/4は2が2つの複合拍子とも言えると思います。

こういうのは演奏するときは6/8なら大きな2拍子、12/8なら大きな4拍子、など大きく数えるとカウントが楽になって迷子になりにくいです。

次に混合拍子というのは2+3で作られた5/4とか2+2+3の7/8など、2と3のまとまりが組み合わされた拍子です。

よくある5拍子とか7拍子はこれのことですね。

ビートひとつひとつの長さが4分音符だったり付点4分音符だったりとそれぞれが等しくない長さなので「アンイコールビーツ」(不等拍拍子)なんて呼ばれ方もします。

一見複雑そうな気がしても2と3でどう組み合わされているのかみてみると途端に意味がわかりやすくなりますよ。

そんな拍子の実際の譜例が楽典に載っていますので見てみましょう。

他には2+3ではなく1とととと、2とととと、と5ひとつのまとまりとして数える曲もあります。

そしてp.61の譜例46にあるようにこの色んな拍子が1小節2小節なんていう短いスパンで入れ替わるのをわたしたちは普段「変拍子」と呼びます。

ストラヴィンスキーの春の祭典がそのわかりやすい例ですね。

(YouTubeリンク)

他には11/8+1/16なんてイレギュラーな拍子もあったり、小節線がない無拍子なんていうのもあったり、世界は広いですね。

p.64まではその表記の仕方の例とL’istesso tempoの読み方を取り上げているので、「拍子が変わるときにテンポがどう変わるのかいつも戸惑う!」なんて方は確認しておくと良いでしょう。

この拍子の概念ってポピュラーでは違った定義になっていたり、クラシック畑の人も複合と混合を混同していたりすることも多いので演奏するためには厳密に覚えたりする必要はありません。

ただ数えるときに2か3か、どういうまとまりとして拍子を捉えるかだけ気にかけておけばいわゆる「拍子感の出た演奏」に近づける助けにはなりますね。

次回はシンコペーションの項目から見ていきたいと思います。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド