アナリーゼ 音楽理論

スマホゲームの代わりの通勤のお供に

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

完全音程と長短音程について、覚えましたか?

ここが覚えられてないともうこの先には進めませんし慣れたらどうということもないシンプル単純なことなのでぜひ把握しておきましょうね。

覚えましたね?

じゃあ問題です。

完全系の音程は何と何でしょうか。

わからなかったら前回の記事をもう一度見てみましょう。

わかった方は長短系の音程は何と何だったかも思い出してみてください。

それができたら次に進みます。

前回とっても濁ってる増減音程のことを少しだけ述べましたが、これは完全・長短それぞれが半音広くなったり狭くなったりして作られます。

p.78にわかりやすい図が載ってるのでそれをみると一目瞭然ですね。

楽典の本を購入したい方はこちらからどうぞ
▼▼▼

完全音程は半音広がれば増になるし半音狭くなればになります。

長音程は半音広がれば増になりますが、半音狭くなるとになります。

短が更に半音狭くなるとになるわけですね。

反対に短音程は半音広がるとに、さらに長が半音広がるとになるという仕組み。

ついでに増が更に半音広がると重増(じゅうぞう)になって、減が更に半音狭くなると重減(じゅうげん)といいます。

例えば重増5度は長6度と同じ音程の離れ方なので、だったら変な言い方しないで別の音程幅にしたらいいじゃん!なんて気もしますが、作曲家が各調の音階本来の音からどれくらい離れた変な音を使いたかったのかがここから分かるんですね。

変な音程として書いてるのか、シンプルな音程として書いてるのかということで全然意味が違うので演奏するときも付けたい表情が変わってきますから。

ここまで大丈夫そうならp.78からの例題1をやってみましょう。

これは解説と解答が同じページに載ってるのでわかりやすいですね。

ついでに例題2、p.80の問題1も全く同じ考え方で解けるので慣れるためにやっておきましょう。

ここで慣れておけばこの後がとっても簡単になります。

満員でなければ通勤電車の中でメモ書きしながらでも出来るのでスマホゲームの代わりにこれをやってしまうのはおすすめですよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド