楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

完全音程と長短音程について、
覚えましたか?

ここが覚えられてないと
もうこの先には進めませんし
慣れたらどうということもない
シンプル単純なことなので
ぜひ把握しておきましょうね。

覚えましたね?

じゃあ問題です。

完全系の音程は何と何でしょうか。

わからなかったら前回の記事
もう一度見てみましょう。

わかった方は長短系の音程は
何と何だったかも
思い出してみてください。

それができたら次に進みます。

前回とっても濁ってる増減音程
のことを少しだけ述べましたが、
これは完全・長短それぞれが
半音広くなったり狭くなったりして
作られます。

p.78にわかりやすい図が
載ってるのでそれをみると
一目瞭然ですね。

完全音程は半音広がれば増になるし
半音狭くなればになります。

長音程は半音広がれば
増になりますが、
半音狭くなるとになります。

短が更に半音狭くなると
なるわけですね。

反対に短音程は半音広がるとに、
さらに長が半音広がるとになる
という仕組み。

ついでに増が更に半音広がると
重増(じゅうぞう)になって、
減が更に半音狭くなると
重減(じゅうげん)といいます。

例えば重増5度は長6度と同じ
音程の離れ方なので、
だったら変な言い方しないで
別の音程幅にしたらいいじゃん!
なんて気もしますが、
作曲家が各調の音階本来の音から
どれくらい離れた変な音を
使いたかったのかが
ここから分かるんですね。

変な音程として書いてるのか、
シンプルな音程として書いてるのか
ということで全然意味が違うので
演奏するときも付けたい表情が
変わってきますから。

ここまで大丈夫そうならp.78からの
例題1をやってみましょう。

これは解説と解答が同じページに
載ってるのでわかりやすいですね。

ついでに例題2、p.80の問題1も
全く同じ考え方で解けるので
慣れるためにやっておきましょう。

ここで慣れておけばこの後が
とっても簡単になります。

満員でなければ通勤電車の中で
メモ書きしながらでも出来るので
スマホゲームの代わりにこれを
やってしまうのはおすすめですよ!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。