楽器練習効率化ガイドブック

練習していて、
ちょっとした発音ミスや音間違えが
起きた時にどうしていますか?

もしかして
「今のは偶然だから忘れよう」
なんて思っていないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

どんなことにも原因と結果があって
ほんの小さなことでも
ミスが出たのなら何かキッカケ
あったはずですよね。

うっかりしたとか
ちょっと準備不足なタイミングで
吹き始めてしまったとか
色々あるでしょう。

ではそのキッカケが本番では
絶対に出てこないと言い切ることは
果たして出来るでしょうか。

油断した時に無意識でうっかり
やってしまうことというのは
すでに習慣になっていますから、
本番だってやる可能性が
ありますよね。

出来てない習慣を変えるために
何を意図するかをあらかじめ考える
というのは大切な練習の要素なので
小さなうっかりを
積み重ねつつ
練習を進めていっても
演奏の精度は
上がらないんです。

偶然のようなうっかりミスが出た時
やりたいことは、
なぜうっかりしたのか考えること。

たまたま偶然うっかりするなんて
ありえないんです。

音を出すときに考えがちなことが
うっかりミスを引き起こすなら、
何を考えながら音を出すか
選択したいですもんね。

それからもう一つ、
「何も考えずに吹いていた」
というのは何も考えずに吹くのが
習慣になっているということ。

どんな音を出したいかのイメージを
持たずただ無意味に音を垂れ流す、
そんなことはしたくありませんね。

何も考えなかったことが
うっかりミスの原因だと
気が付くことがあったなら、
次は何か意図を持って
音を出したいものですね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。