アレクサンダー・テクニーク 練習 身体の仕組み

筋肉は自分では伸びられない

有吉尚子です。こんにちは!

今まで演奏に関わる身体のことを
色々解説してきましたが、
今回は筋肉のことについて
少し整理してみましょう。

筋肉にできることはこの3種類です。

・縮むこと
(何かしら力を発揮するとき)

・弛緩してゆるむこと
(力を発揮していないとき)

・伸びること
(よそから引っ張られたとき)

まず第一の縮むとき力を発揮する、
というのはどうということも
ありませんね。

このときは簡単に言うと、
筋肉の付いている両端が
近付く動きをします。

たとえば上腕二頭筋
(力こぶの筋)なら、
この筋の付着してる両端である
上腕と前腕が近くなるので
ひじが曲がります。

次の弛緩すること。

これは縮むのをやめることです。

だらっと垂れ下がっていなくても、
何も頑張っていなければ
ゆるんで弛緩してますね。

寝てるときなんかは弛緩してる
ことが多いです。

例えば口を閉めておく筋肉が
緩むとヨダレが垂れるわけです。

最後、
他の筋肉や重力に引っ張られて
伸びること。

筋肉の働きは縮むことですから
「はい!のびまーす!」
自分で伸びる動きはできません。

弛緩してるときに他の筋肉に
引っ張られる場合と、
縮んでるときそれ以上の力で
よそから引っ張られる場合
伸びていきます。

注意したいのは、
筋肉が伸びることでは何か力を
発揮することはできない、
ということ。

力を発揮するときは必ず
縮む動きをともないます。

だからたとえばひじを
頑張って伸ばしておくとき、
上腕二頭筋の反対側
(二の腕のタプタプする側)にある
上腕三頭筋が頑張っている
のであって、
二頭筋(力こぶの筋)は
ひじを伸ばすという動きに対しては
ジャマしかできないのです。

ということは逆に言うと
ちょっとずつゆっくり腕を伸ばして
いきたければ、
二頭筋がジャマをして動く速度を
遅らせるという働きができます。

…というようなことは
指にも唇にも呼吸にも
当てはまるのですね。

ひとつの動作をする筋肉と、
それとは反対の動きをする筋肉。

これがお互いに働きあってるのが
普通ですが、
効率を考えたいときには
お互いにジャマしあわない程度で
拮抗しているのが
いいかもしれません。

今回はちょっとややこしいお話
さったかもしれませんが、
覚えたりする必要はないので
「なんとなくそんなことどこかに
 書いてあったかなー」
くらいに頭においていただければ
と思います。

動きについて考えるときに
ぜひ参考にしてみてくださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, 練習, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド