思考と心 練習

「楽しく演奏する」は逃げ

Pocket

本番前の舞台袖、緊張してるしワクワクソワソワしてる。

そんなとき、「楽しく演奏してきます!」なんてつい口にしてはいませんか?

本番前につい言いがちな言葉ですが、実はパフォーマンスの質を落としてしまうこともある要注意ワードなのです。

どういうことでしょうか。

順番に見ていきましょう。

ノリが良くて雑な演奏

楽しく演奏するってつまり何をすることなのでしょうか。

演奏している本人がワクワクすること?

楽しい気分で演奏すること?

お客さんさんと一緒にハイテンションな時間を過ごすこと?

では。

これまでに楽しい気分で気持ちよく演奏したときに楽器のコントロール精度が落ちてリードミスをしたり音を外したりしませんでしたか?

楽譜に書いてありことを忠実に再現できていないと感じたことはありませんでしたか?

本番中には気付かなかったけれど終演後に仲間がミスしていたことを知った、なんて経験はありませんか?

もしも答えがYesなら、

楽しく演奏する=いい加減にノリでごまかす

になっているのかもしれません。

楽しさの勘違い

「だってお客さんを楽しませるには奏者が楽しまなくきゃ」

そんなの言い訳です。

厳しいようですが、演奏者がどんな気分になろうとお客さんには関係ありません。

オペラのピットで連日何公演も演奏しているオケや、毎日出演しているダンスホールの箱バンドなど、必ずしも楽団員がテンション上げ上げな状態でなくても感動する演奏やワクワクさせられる演奏は存在します。

奏者もお客さんも一緒に「楽しかった!」という時間を過ごせたら最高ですが、「楽しい」と奏者が感じていることが素晴らしいパフォーマンスの必須条件ではないのです。

感動的なオペラの最後に鳴り止まぬ拍手でカーテンコールが行われる中、ピット内では客席から見えないのをいいことに楽器をケースにしまい終えて即座に帰りの電車に向かおうとしている奏者だっています。

観に行った公演終わりの電車で楽器を背負った楽団員を見かけたことのある人は少なくないでしょう。

それでもオペラが感動的だったことには何の影響もありません。

奏者だってハイテンション爆発!ノリノリ!じゃなくても真剣に集中して、表現することを楽しんだのです。

楽しさの本質

「楽しく。楽しく。楽しく。」と唱えても楽しい気分にはなりません。

楽しくなるには何かきっかけが必要です。

ひとりで何にもしないでいて楽しいという人は、ちょっと変わってますね。

それでは演奏することで楽しい気分になるためには何が必要なのでしょう。

たとえば

・仲間とのアンサンブルによるコミュニケーションが上手く行くこと

・やりたいと思った表現ができること

・お客さんと作品の魅力を共有すること

他にも演奏において楽しいというのは色々な要素があります。

しかし何も工夫せずただぼんやり音を並べているだけでそれを手に入れることはできません。

何かしらアクションを起こした結果、演奏する楽しさがやってくるのですから。

本当に楽しく演奏するには

ではその楽しさを感じる要素を実現するために具体的に何をしたらいいのでしょうか。

アンサンブルが上手く機能するようにしたければリハーサルで丁寧に打ち合わせをしますよね。

やりたいと思ったことが自由にできるためにテクニック練習もするでしょう。

また作品の魅力をお客さんと共有したければその魅力だと思うことを演奏なり言葉なりで伝える必要があります。

「楽しさ」というのは形容詞であって、何かをした結果感じるもの。

なにもせずに楽しさが湧いてくるなんてことは期待せず、具体的に何をどうしたいのかというのを大切にしたいですね。

あなたが演奏することで楽しさを感じるのは何をしたときに起きますか?

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

1982年栃木県日光市(旧今市市)生まれ。小学校吹奏楽部にてクラリネットに出会い、高校卒業後19才までアマチュアとして活動する。20才のときに在学していた東京家政大学を中退し音大受験を決意。2003年洗足学園音楽大学入学。在学中から演奏活動を開始。 オーケストラや吹奏楽のほか、CDレコーディング、イベント演奏、テレビドラマBGM、ゲームのサウンドトラック収録など活動の幅を広げ2009年に洗足学園音楽大学大学院を修了。受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。  及川音楽事務所第21回新人オーディション合格の他、コンクール・オーディション等受賞歴多数。 NHK「歌謡コンサート」、TBSテレビドラマ「オレンジデイズ」、ゲーム「La Corda d'Oro(金色のコルダ)」ほか出演・収録多数。 これまでに出演は1000件以上、レパートリーは500曲以上にのぼる。 レッスンや講座は【熱意あるアマチュア奏者に専門知識を学ぶ場を提供したい!】というコンセプトで行っており、「楽典は読んだことがない」「ソルフェージュって言葉を初めて聞いた」というアマチュア奏者でもゼロから楽しく学べ、確かな耳と演奏力を身につけられると好評を博している。 これまでに延べ1000名以上が受講。発行する楽器練習法メルマガ読者は累計5000名以上。 「ザ・クラリネット」(アルソ出版)、吹奏楽・管打楽器に関するニュース・情報サイト「Wind Band  Press」などに記事を寄稿。 現在オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動のほか、レッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 BODYCHANCE認定アレクサンダーテクニーク教師。 日本ソルフェージュ研究協議会会員。音楽教室N music salon 主宰。

-思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成®メソッド