楽器練習効率化ガイドブック

楽譜から読み取ったことを
実際に自分の楽器で音にするとき、
必要なのは楽器の
コントロール技術ですね。

有吉尚子です。こんにちは!

中学や高校で音楽を始めた場合、
多くが歳の近い先輩や
仲間から教わります。

そしてその若い先輩や仲間は、
自分がやっていることを正確に
わかっているというわけ
ではありません!

管楽器を演奏するために
「腹筋を使って!」
なんていうのが良い例。

5118_mzc1ymnkyzi0nde1y

腹筋はどこにどうついていて
どんな働きができるのか、
使うってどう使うのか。

これは翻訳すると
お腹回り全体の筋肉が
(シックスパックになる
腹直筋だけではありません)
内臓を圧迫して横隔膜が
上がるように絞る動きをする、
ということ。

ここまで専門的でなくても
もちろん大丈夫ですが、

腹筋を使う=お腹を固める

だと思ってしまってる相手には
「腹筋を使って」
では息を吐くために逆効果になる
ことをさせてしまったりします。

中には感覚的にパッとできるように
なる方もいるでしょうが、
誰にでも同じ表現が通じるわけでは
ありせんよね。

他にも細かい運指が
上手くいかないときに
指に問題があるんだと
思っていたら、
実はソルフェージュが
あいまいなだけだった、
なんてケース。

5118_n2jjotfiodgwztbmz

本来は声に出して音を読んでみたら
出来るようになるところ、
うっかり指の筋トレなんてはじめて
効果がないのは
努力が足りないからだ、
なんていう思い込みで
さらに指に負荷をかけ
続けるうちにジストニアに
なってしまったりして
指が意図の通り動かなくなって
しまい演奏が続けられなく
なってしまう・・・

恐ろしいことだと思いませんか?

ちゃんとひとりひとりの生徒が
どう受け取ってどんな変化が
あるのかを見極めてフォロー
してあげるのは、
楽器演奏を始めた初期段階では
特に大切なことです。

楽器の操作に関しては
正確な知識を持った楽器の専門家に
習うのが最良ですが、
初心者さんの一番身近にいて
向き合っている立場の方が
正確な身体についての
知識を持っているというのは
大きな助けになります。

とはいえ今から解剖学を
勉強するなんて
果てしないことですから、
実際の演奏に関わる仕組みだけでも
ワークショップなどで知っておく
というのもスキルアップのために
役に立つひとつのアイデアですね。

アレクサンダー・テクニークなどの
関連ワークショップのご案内は
メール講座でしていますので、
興味が湧いたら参加してみて
くださいな♪

メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。