アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション 合奏・アンサンブル 思考と心 身体の仕組み

共演者のミスを引き起こす方法

Pocket

何かアドバイスや助言をするときに状況が悪くなって欲しいとか相手に不利になって欲しいと思ってする人はいませんよね。

アドバイスというのは何かしら良くなるためのヒントなはずなのできっと善意からすることがほとんどでしょう。

現状に我慢できなくてつい出た!なんて鬱憤晴らしのような場合でも状況を悪くしたいという意図ではないはずです。

ところが。

現実にはアドバイスをしたことで逆に悪くなるなんてこともたくさん起きていますよね。

なぜなのでしょうか。

これってもしかしたらアドバイスの内容は関係なくてその伝え方や他人に何か言われたという事実自体が問題なのかもしれません。

ただ単に良くなるためのヒントを伝えただけのつもりでも演奏技術や音楽性や人格を否定されたと受け取られたらそれは「攻撃」と感じられるもの。

つまり前回の記事でも取り上げた「危険だと思わせてしまう」ことになるのですね。

そうなればアドバイス内容がどんなに的確であっても良くなるための言動としてはマイナスな結果を引き起こします。

「何か指摘されるかも」と気になった状態で演奏させるのは最良のコンディション作りとは言えませんものね。

本番直前に今さらどうにもならないアドバイスをするなんていうのは動揺させてミスを誘うのにはむしろぴったりな方法です。

より良い環境で快適に演奏したいと思うのであればなにを伝えるかだけでなく

・タイミングは適しているか

・これから本番までに改善できる可能性はあるのか

・そもそも伝えた方がいいのかどうか

まで考えて言動を選びたいものですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド