コミュニケーション 合奏・アンサンブル 思考と心

いやいや参加する演奏ってありますか?

Pocket

「この条件で演奏するのはちょっと気が進まないなあ」

そんな風に思うことってありませんか?

炎天下や小雨の降る中での演奏、なんて極端な例ですが他にも選曲やメンバーや練習時間など色んなモヤモヤを感じる条件ってきっとあるでしょう。

そんな時どうしていますか?

決まったことだから、みんながやるから、そんな理由であきらめて付き合ってはいませんか?

もしあまり気の進まない条件でもいったんやると決めたら愚痴を言ったりゴネたり不機嫌でいるのは建設的じゃないし、そんな態度は周りに迷惑にもなりますよね。

そういう気の進まない案件のときは思い切って断るというのも責任のある対応だと思います。

それはわがままとか自分勝手ではなく自分や周りに対して正直でいることでは無いでしょうか。

人が足りないからとか抜けたらもう戻れないからとかそうは言ってもやめられないなんて自分に嘘をついてごまかして、結局グチやゴネが出るなら最初から引き受けない選択肢もあるんですから。

もしもやりたくないと思うなら引き受けない選択をすることで自分の心や労力や時間を守ったりというだけでなく周りに対して「もっとやりたがってる別の人をリクルートする機会を与える」という親切にもなるわけです。

わたしの例でいうと、学生の頃や卒業したてのころはどんなにギャラが安くてもお客さんを集めるのも大変でも練習時間がたくさん必要な案件も「なんでもやります!」というスタンスで喜んで引き受けていました。

でもだんだん若くなくなってくるとなんでもやります流ではよりやりたい理念に近いかったり本当に勉強になる案件を逃すことが増えて来るんです。

何かを引き受けることで失う時間や機会のことを考えると、引き受けない選択をした方がいいということも多くなるんですね。

そしてわたしが断った仕事は学生や学校を出たてのもっと若い奏者に回っていきます。

ここでわたしがそういう駆け出し段階でやるような仕事にいつまでもしがみついていたらどうなるでしょう。

自分もステップアップするための新しい機会を得られないし、若い奏者が色んな現場で経験する貴重な機会を奪うことになるんですね。

とはいえアマチュア団体だと人数が足りず抜けられないと感じることもあるかもしれません。

でもよく考えてみましょう。

本当はやりたくないし実は不満を持っている人をフォローしながら練習や準備を進めていくのと、そういう余計なストレスがなく新しいメンバーを迎えられるのと、どちらがメンバーにとって心が軽くて楽しいでしょう。

イヤイヤやることは実際のところ誰の得にもならないんですよね。

Noと言うべきところで言わずあとからグチを並べるのは無責任なことかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, 合奏・アンサンブル, 思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド