コミュニケーション 合奏・アンサンブル 思考と心

いやいや参加する演奏ってありますか?

「この条件で演奏するのは
ちょっと気が進まないなあ」

そんな風に思うことって
ありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

炎天下や小雨の降る中での演奏、
なんて極端な例ですが他にも
選曲やメンバーや練習時間など
色んなモヤモヤを感じる条件って
きっとあるでしょう。

そんな時どうしていますか?

決まったことだから、
みんながやるから、
そんな理由であきらめて
付き合ってはいませんか?

もしあまり気の進まない条件でも
いったんやると決めたら
愚痴を言ったりゴネたり不機嫌で
いるのは建設的じゃないし、
そんな態度は周りに迷惑にも
なりますよね。

そういう気の進まない案件のときは
思い切って断るというのも
責任のある対応だと思います。

それはわがままとか自分勝手
ではなく自分や周りに対して正直
でいることでは無いでしょうか。

人が足りないからとか
抜けたらもう戻れないからとか
そうは言ってもやめられないなんて
自分に嘘をついてごまかして、
結局グチやゴネが出るなら
最初から引き受けない選択肢も
あるんですから。

もしもやりたくないと思うなら
引き受けない選択をすることで
自分の心や労力や時間を守ったり
というだけでなく周りに対して
「もっとやりたがってる別の人を
リクルートする機会を与える」
という親切にもなるわけです。

わたしの例でいうと、
学生の頃や卒業したてのころは
どんなにギャラが安くても
お客さんを集めるのも大変でも
練習時間がたくさん必要な案件も
「なんでもやります!」
というスタンスで
喜んで引き受けていました。

でもだんだん若くなくなってくると
なんでもやります流では
よりやりたい理念に近いかったり
本当に勉強になる案件を
逃すことが増えて来るんです。

何かを引き受けることで失う
時間や機会のことを考えると、
引き受けない選択をした方がいい
ということも多くなるんですね。

そしてわたしが断った仕事は
学生や学校を出たてのもっと若い
奏者に回っていきます。

ここでわたしがそういう
駆け出し段階でやるような仕事に
いつまでもしがみついていたら
どうなるでしょう。

自分もステップアップするための
新しい機会を得られないし、
若い奏者が色んな現場で経験する
貴重な機会を奪うことに
なるんですね。

とはいえ
アマチュア団体だと人数が足りず
抜けられないと感じることも
あるかもしれません。

でもよく考えてみましょう。

本当はやりたくないし
実は不満を持っている人を
フォローしながら
練習や準備を進めていくのと、
そういう余計なストレスがなく
新しいメンバーを迎えられるのと、
どちらがメンバーにとって
心が軽くて楽しいでしょう。

イヤイヤやることは実際のところ
誰の得にもならないんですよね。

Noと言うべきところで言わず
あとからグチを並べるのは
無責任なことかもしれませんね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-コミュニケーション, 合奏・アンサンブル, 思考と心

© 2020 聴く耳育成メソッド