楽器練習効率化ガイドブック

「あの人もっと真剣に
練習してくれたらいいのに」

「もっと情熱を持って
演奏できないのかな?」

合奏に参加していたらきっと
そんな風に感じることって
たくさんあるでしょう。

性格は変えられるという
お話を前回していましたが、
それでは他人の性格を変えることは
果たして出来るのでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

これは結論から行ってしまうと、
ムリです。

自分の思考は自分で選べますが、
他人の思考はあなたが選ぶことは
できないんですから。

お友達の代わりに考えてあげる、
そんなこと出来るわけありません。

出来るのはあなたの考えを
提案することだけです。

受け入れるかどうかは相手次第。

成年後見人をつけるような
認知症の人だって、
代理人は代わりに考えてあげてる
というわけじゃありません。

代理人としては認知症の方にとって
最適だろうということを
自分の考えで選択しているだけ。

誰かの性格や思考をコントロール
できるんなら世の中失恋する人は
いないはずですよね。

だから他人の性格や思考を
コントロールしようとするのは
時間と労力のムダだし、
それができないことで嘆くなんて
バカバカしいの極み。

木になってるリンゴが落ちるように
一生懸命念じてるのに
全然落ちる気配もないと
嘆くようなものです。

他人の言動という刺激に対して
あなたが出来るのは自分自身の
思考と反応をコントロールすること
だけなんですね。

アドラー心理学の「課題の分離」
ってやつです。

自分のコントロール範囲と
相手のコントロール範囲を
ごっちゃにせずちゃんと分離して
考えましょうってことですね。

例えば不愉快な出来事に出会ったら
相手を変えようとするんではなく
自分の受け取り方を変える、
まずはそこからですね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。